ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域包括ケア課 > 介護保険サービスの利用

介護保険サービスの利用

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

利用方法

サービスの利用

  • サービス提供機関にサービス票と被保険者証を提示します。
  • サービスを利用します。
  • 費用の1割~2割を負担します。(平成30年8月からは1割~3割)

サービス事業者に自己負担分の費用を支払います。

ただし施設サービスを利用した場合、食費、居住費や日常生活費(理美容代、 娯楽費などは)全額自己負担になります。

介護保険での利用できる額に上限があります

  • 「要支援1・2」「要介護1~5」と認定された方には、それぞれ月々に利用できる金額に上限が設けられます。
  • 限度額の範囲内でサービスを利用したときは1割~2割の自己負担で利用できます。(平成30年8月から1割~3割)
  • 限度額を超えてサービスを利用したときは、超えた分が全額自己負担となります。

手続き

  • 地域包括支援センター
  • 指定居宅介護支援事業者

などに、保険証を添えて申し込みましょう。

利用限度額(月額)
要介護度
区分
居宅サービス
訪問介護、通所リハビリなど
(訪問・通所サービス)
要支援150,030円
要支援2104,730円
要介護1166,920円
要介護2196,160円
要介護3269,310円
要介護4308,060円
要介護5360,650円

上記の限度額とは別枠の主な居宅サービス

  • 居宅介護福祉用具購入 1年間50万円(条例により上乗せ)
  • 居宅介護住宅改修費 1軒につき(原則)20万円
  • 居宅療養管理指導(医師/歯科医師)月1回5,030円

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>