ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域振興課 > 飛騨市が「住生活月間功労者国土交通大臣表彰」を受賞

飛騨市が「住生活月間功労者国土交通大臣表彰」を受賞

印刷用ページを表示する掲載日:2021年10月8日更新

この度、飛騨市の空き家バンク「住むとこネット」に関する取り組みが、第33回住生活月間功労者国土交通大臣表彰を受賞しました。

本表彰は、国土交通省が、住生活月間(※)の行事の一環として、住意識の向上、ゆとりある住生活の実現および建築物の質の向上を図るため、各分野において活躍された個人・団体に対し、功労者表彰を与えるものです。

飛騨市住むとこネットでは、売り手と買い手両方に対して補助を行う取り組みにより、物件登録数と成約数を着実に積み上げ、空き家物件の流動化を推進している点が評価されました。

【受賞にあたっての講評】

空き家情報サイト「住むとこネット」を軸として、売り手(所有者)が物件登録にあたり必要となる家財処分費や賃貸住宅にするための改修費の一部を補助することで物件登録数の増加を促している。同時に、登録物件の内覧で市を訪れた移住検討者に対して交通費や宿泊費を、登録物件を購入した移住者に対して改修費を一部補助することで成約数を着実に積み上げている。売り手と買い手両方に対して補助を行う取組により、空き家物件の流動化を推進するなど、特に優れた実績をあげ、住環境等の向上に顕著な功績があった。

※毎年10月を「住生活月間」と定め、国民の住意識の向上を図り、豊かな住生活を実現するため、総合的な啓発活動を展開しております。

詳しくは、国土交通省のホームページをご確認下さい。

第33回「住生活月間」における功労者等の決定<外部リンク>

sumutokonet banner<外部リンク>


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>