ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 食のまちづくり推進課 > 食の魅力を広げる大使!工藤英良氏を「食の大使」に委嘱

食の魅力を広げる大使!工藤英良氏を「食の大使」に委嘱

印刷用ページを表示する掲載日:2021年7月1日更新

食の魅力を広げる大使 ~飛騨市の食を世界に発信~

「食」の魅力を伝える特命大使を任命!

 飛騨市は、広葉樹が育む豊かな自然と水、冷涼な気候、加えて生産者のこだわりと技術の結晶が、味に深みがあり「美味しい」と称されるお米や飛騨牛、飛騨トマトなど、自慢できる唯一無二の「食」を生み出しています。
 これら「食」の魅力は、全国的にもまだまだ認知度が低く、多くの市民もその魅力に気付いていません。
 そこで、市独自の「食」の魅力を全国、世界に向けて発信し、認知度向上とブランディングを目的として、元フランス大使館公邸料理人の工藤英良氏を飛騨市初の「食の大使」に委嘱しました。
飛騨の食

工藤英良氏プロフィール

 工藤氏は、「味の外交官」とも言われる公邸料理人として10年にわたり、カナダ、中国、フランスの3ヵ国において外交活動を食の面からサポートしてきました。世界各国の賓客に和食を提供し、公邸におけるおもてなしに尽力。現在は、出張料理人として自宅にサロンを設け、各界の著名人をはじめ全国各地から依頼を受けて料理を提供しています。
工藤氏

食の大使の役割と活動

飛騨市の「」の魅力を市内外および世界に発信し

飛騨市の「」の認知度向上とブランディングに繋げる。

(1)世界各国の食や文化を自らの目で見てきた視点を活かし、飛騨市の食文化や歴史、豊かな自然環境などの背景を踏まえ飛騨市の「食」の魅力を、市内外をはじめ世界へ発信。

→市内産の食材を使用したレシピ記事の掲載(HP等)

→飛騨市の食の魅力を外部の視点で語るコラムを作成

(2)飛騨市内の生産者や飲食店、旅館等に飛騨市の「食」の魅力、ポテンシャルを伝える場を創出。

→まるごと食堂や産業まつり、えごま等の各種イベントへの協力

(3)これまでの経験、日本をはじめ世界各国との交流関係を活かし、市内で生産される「食」の流通の促進。

→首都圏をはじめフランス等への販路拡大事業


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>