ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 新型コロナウイルスワクチン接種推進室

新型コロナウイルスワクチン接種推進室

▶​飛騨市新型コロナ特設サイト(感染状況・支援情報等)

接種の予約方法

​5月12日~17日​は「居宅サービス利用高齢者」が予約対象です

ご自宅にお届けしました青色封筒に同封の「手引き」と『予約開始のご案内』 [PDF/235KB]をよく読んでご予約ください。

電話予約

飛騨市コールセンター
電話:0577-62-9030
【月・水・木・金】9時00分~17時00分(祝日を除く)

インターネット予約

https://logoform.jp/form/zBph/14441?r[10:select]=WEB受付<外部リンク>

インターネットからは24時間、いつでも予約が可能です。

ワクチン接種情報

電話相談窓口

▼予約方法・接種場所など一般的な相談
飛騨市コールセンター

電話:0577-62-9030
9時00分~17時00分(平日のみ)

▼ワクチン接種後の副反応など、医学的知見など専門的な相談
​岐阜県コールセンター
​電話:058-272-8222
​9時00分~21時00分(毎日)

▼ワクチン施策のあり方などに関する問い合わせ
厚生労働省コールセンター
​電話:0120-761-770
​9時00分~21時00分(毎日)

ワクチン接種のよくある質問・回答

こちらのページをご覧ください

接種対象者

原則として、住民票のある市町村での接種となります。

次のような事情のある方は、住民票所在地外でワクチン接種を受けることができます。

具体的な手続きは、今後お知らせする予定です。

  • 入院・入所中のため住所地以外の医療機関や施設でワクチンを受ける方
  • やむを得ない事情で住所地以外に長期間滞在している方など

詳しくは住民票所在地以外での接種についてをご覧ください

接種順位・接種時期 (予定)

ワクチンは、まず医療体制を守ること、また重症化リスクを高い方から接種することで重症者や死亡者を減らす目的に、以下の順番で接種することになっています。

※令和3年5月6日時点

接種の
順番

対象者

接種券
発送時期
(予定)

ワクチン接種
開始時期
(予定)

備考

(1)

市内の医療従事者等

接種券は使用せず予診票にて接種を実施

4月16日~
開始

所属の医療機関から予診票を配布

(2)

高齢者施設等の入所者(65歳以上)と従事者

4月中旬
発送済

4月26日~
開始

 

(3)

居宅サービス(デイサービス、介護ヘルパー等)の利用者(65歳以上)と従事者

5月6日~

5月31日~
開始

ワクチン供給量にあわせてお知らせします

(4)

(2)~(3)以外の高齢者

75歳以上
(昭和22年4月1日以前に生まれた方)

6月7日~
開始

65歳~74歳
(昭和22年4月2日~昭和32年4月1日に生まれた方)

時期未定

(5)

基礎疾患のある16歳~64歳の方
※基礎疾患とは

時期未定

時期未定

(6)

(5)以外の16歳~64歳の方

時期未定

時期未定

※(3)(4)は一斉に接種券を発送しますが、予約・接種はワクチンの供給状況にあわせ、順次行います。

※薬事承認の内容を踏まえ、一定の年齢以上の方を対象とする場合があります。
※ファイザー社製のワクチンの場合は、接種時に16歳以上の方が対象となります。
※妊婦や子どもの接種については、安全性や有効性の情報などをみながら検討されています。

接種場所

原則として市内医療機関での接種となります。【令和3年4月22日更新】

【古川地区】
江尻内科・循環科クリニック、大高医院、垣内クリニック、河合医院、玉舎クリニック、古川病院 

【河合・宮川地区】
河合診療所、杉原診療所、宮川診療所

【神岡地区】
工藤医院、飛騨市民病院、本町クリニック

ワクチン接種のための市内医療機関への移動が困難な高齢者のため、往復交通費(接種2回)を、バス代を無料に、タクシー代の自己負担を500円にします

接種費用

無料

注意!!

国内で、新型コロナウイルスワクチン接種に関する特殊詐欺に繋がる不審な電話が確認されています。ワクチン接種に“予約金”などの費用のかかることはありません。不審な電話は、すぐに切りましょう。

ファイザー社製ワクチン入荷・接種状況

ファイザー社製ワクチン入荷・接種状況

※対象人数は変動します。

※バイアルとはワクチンが入っている容器をいい、回数は1バイアルで接種できる回数になります

新型コロナウイルスワクチンについて

現在国が確保を見込んでいるワクチンはファイザー社製ワクチン、アストラゼネカ社製ワクチン、武田/モデルナ社製ワクチンの3種類です。

接種を受ける時期に供給されているワクチンを接種することとされており、複数のワクチンが供給されている場合でも、ワクチンの種類を選択することはできません。

また2回目の接種は1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。

ワクチンごとの詳しい情報はこちらをごらんください。

接種を受ける際の同意

ワクチン接種は強制ではありません。予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクをしっかり情報提供した上で、自らの意思で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナウイルスワクチン接種においても、健康被害が生じた場合には、救済を受けることができます。現在の、国の救済制度については厚生労働省ホームページ<外部リンク>を参照ください。

★【厚生労働省】予防接種健康被害救済制度
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/<外部リンク>

新型コロナウイルスワクチン接種推進室の取り組み状況

外部リンク集

★【首相官邸】新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html?<外部リンク>
PDFデータ<外部リンク>

★【厚生労働省】新型コロナワクチンについてのQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00222.html<外部リンク>

★【ファイザー社】新型コロナウイルス感染症に関するファイザーの取り組み
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/smartp/index.html<外部リンク>

★【厚生労働省】新型コロナワクチンコールセンター
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16589.html<外部リンク>

★【岐阜県】新型コロナウイルスワクチン接種相談窓口
https://www.pref.gifu.lg.jp/site/covid19/26598.html#vaccine<外部リンク>

★【厚生労働省】予防接種健康被害救済制度
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/<外部リンク>


連絡先

〒509-4221

飛騨市古川町若宮2丁目1-60
ハートピア古川内

  • 電話番号:0577-73-2948(新型コロナウイルスワクチン接種推進室)

ファクス番号:0577-73-7295

メールでのお問い合わせはこちら

主な業務内容

・相談受付・広報
・県、医師会、関係機関との調整
・接種券・予診票の作成・送付
・被接種者の調整・管理
・接種施設の調整
・ワクチンの配分・管理
・接種費用の支払い他

関連情報

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>