ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 畜産振興課 > 飛騨市家畜診療所

飛騨市家畜診療所

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月1日更新

令和2年4月1日に開設しました

家畜衛生の向上を図るとともに、品種の改良および増殖を促進し、もって畜産経営の進展に寄与するため、飛騨市では家畜診療所を開設しました。

施設の場所

飛騨市古川町上野571番地1 ひだ農協吉城営農センター内

業務内容

・家畜衛生の向上および普及
・家畜疾病の予防、診断および治療
・家畜自衛防疫業務
・家畜受精卵移植
・家畜人工授精

家畜診療所

診療費等

区分金額
診療費診療その他の行為によって負担すべき費用は、農業保険法施行規則第117条第1項および第166条に規定する農林水産大臣の定める点数および1点の価格(以下これらを「算定基準」という。)によって算定した額とする。ただし、算定基準に定めのない診療に係る診療費については、所要原価を基準として市長が別に定める額とする。
初診料1病傷につき  1,300円
各種文書料指示書、診断書および各種証明書等  1通につき1,000円
妊娠診断1頭につき  300円
去勢無血去勢  1頭につき1,000円
観血去勢  12か月齢未満  1頭につき3,000円 12か月齢以上  1頭につき5,000円
除角12カ月齢未満  1頭につき2,000円
12カ月齢以上  1頭につき3,000円
家畜人工授精1回につき  2,000円
受精卵移植1回につき  5,000円
受精卵採卵1回につき  20,000円(薬代別途)
注射1回につき  210円(共済金の対象とならない診療)
薬剤投与1回につき  210円(共済金の対象とならない診療)
薬価基準表以外薬品等納入価格(税抜き)に1.20を乗じ、10円未満を切上げた額

 


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>