ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ひだ > 五感で味の知識や味わうことの楽しみにふれる

五感で味の知識や味わうことの楽しみにふれる

印刷用ページを表示する掲載日:2022年11月22日更新

11月14日(月曜日)古川西小学校
 

最も味覚が発達するといわれている年代の子どもたちが味の基本となる5味(塩味、甘味、苦味、酸味、うま味)を学び、味覚の意識させ、食の楽しみや食べることの大切さを伝える「味覚の授業」を古川西小学校の5年生及び6年生を対象に開催しました。

「味覚」をテーマとたこの事業は元々、1990年代にフランスで始まった活動であり「次代を担う子どもたちに正しい食文化をきちんと伝えよう」という思いから「味覚の一週間」という名称で活動が始まりました。フランスでは国民的食育活動として長い歴史を有しているこの活動は、2011年から日本でも取り組みが始まり、「味覚の一週間」の活動のひとつとして行われている事業です。

今年度の授業には、岐阜県調理師連合会会長の大脇房夫氏、キッチン飛騨の河本敏久シェフ、タスパdeシャングリ・ラの玉腰正人シェフの3名を講師に迎え、対象児童約80名に授業を行いました。

授業では、塩や砂糖、酢、チョコレート、グミ、鰹節などを使用して、子どもたちはそれらの食材を五感を使いながら味わい、味の基本となる5味を学びました。さらに、その味は舌のどの部分で感じるのかを、図を見て説明を受けながら、実際に食べて体感しました。

これらの食材の他には、飛騨市の銘菓である「味噌煎餅」や市内の洋菓子店の「パウンドケーキ」を食べ、甘い味の中にしょっぱさがある、フルーツの酸味や焦がしキャラメルの苦味があるなど味わって食べることでその食べ物にいろんな味が含まれていることや、五感で味わうことで、より美味しく楽しく食べることができることを学びました。

授業の最後には講師の玉腰シェフ特製のシャインマスカットのゼリーが出され、子どもたちはこれまでの食材と同じく、いろんな味や感触などを確かめながら、笑顔で味わって食べました。

授業の中では、講師から味覚や五感に関する内容だけでなく、「食べることの大切さ」や「食べることの楽しさ」、「感謝の気持ちや思いやりの気持ちの大切さ」も伝えられました。

授業の様子(1)

授業の様子(1)

 

授業の様子(2)

授業の様子(2)

 

授業の様子(3)

授業の様子(3)

 

授業の様子(4)

授業の様子(4)

 

授業の様子(5)

授業の様子(5)

 

授業の様子(6)

授業の様子(6)

 

授業の様子(7)

授業の様子(7)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>