ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民保健課 > 国民年金に加入するときは (会社を退職しサラリーマンの夫の扶養になった場合)

国民年金に加入するときは (会社を退職しサラリーマンの夫の扶養になった場合)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

会社を退職した(サラリーマンの夫の扶養になった場合)場合

20歳以上60歳未満でサラリーマンの夫の扶養になった人は、国民年金の加入(空白期間がある場合)および第3号被保険者の届出が必要です。

いつ配偶者の扶養になったら
誰が本人
代理の可否本人の認印があれば可能
手続き方法配偶者の会社から年金事務所へ届出
受付窓口配偶者の会社
日本年金機構 高山年金事務所
〒506-8501 高山市花岡町3-6-12
電話番号:0577-32-6111
受付時間午前8時30分~午後5時15分
休日土曜日・日曜日・年末年始・国民の祝日(休日)※勤務先により異なります
提出する書類
添付書類
持ち物認印(シャチハタ以外)
費用(手数料)
お渡しするもの
注意すること
関連情報
所要時間・期間の目安
お問い合わせ受付窓口と同じ
資料
根拠法令等
その他

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>