ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

診療について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月1日更新

診療対象者

15歳以下のお子さんが対象です。(ただし、中学生までが対象となります。)

 

診療内容

発達障害などによる学校・社会生活等の困難、不登校、ひきこもり等の支援
対人コミュニケーション等での困難、ご家族の子育てでの疲弊 等々
こうしたことに対し、お子さまの得意・不得意を評価し、具体的な助言を行い、臨床心理士ともに、カウンセリング、認知行動療法、療育支援、薬物療法等さまざまな療法により治療を行います。

お子様の様子でのご心配

  • 勉強や授業に集中できない
  • 学校で落ち着かない
  • イライラが強い
  • 突発的な行動、順番が待てない
  • 我慢することが苦手
  • かんしゃくが多い
  • おねしょが治らない
  • 些細なことですぐ手が出る
  • 集団での共同作業ができない
  • 集団に入れない
  • 友達関係をうまく作れない
  • 友達とうまく遊べない
  • トラブルが多い
  • 感覚過敏
  • 柔軟な思考や変化への対処が苦手
  • いつも眠い
  • 緊張や不安が常に強い
  • 忘れ物が多い
  • 学校に行けない
  • 気持ちの落ち込みが激しい
  • おなかや頭が痛いなど訴えるが、小児科で検査しても異常がない

 ※一般の小児科診療は行っていません


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>