ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 河合振興事務所 > 天生県立自然公園「登山道補修ワークショップ2022」

天生県立自然公園「登山道補修ワークショップ2022」

印刷用ページを表示する掲載日:2022年9月16日更新

山と登山者を守る登山道補修のため、緊急避難道(資材運搬道)登り口を改修!作業道等の補修知識と技術を学び、ご協力いただけるメンバーを大募集!

趣旨・内容

天生県立自然公園の歩道補修技術を生かしながら、新しい技術の習得、応用による登山道等の保全のため、今回は緊急避難道(資材運搬道)の登り口を改修!保全講座を開催します。                                                   講師の指導により丸太組み工法、割栗石などの資材を活用して仕上げていきます。作業道でも活用できる工法であり、興味のある方は習得のチャンスです。また今回の技術を生かしながら歩道等の整備に応用できるよう実施するものです。

第1部「補修技術習得と広範な知識共有座学」 

第2部のワークショップで実際行う作業手順の方法と、確認、質疑応答など

第2部「ワークショップ」

講師指導のもと、一日かけて補修実技を現地で行います

募集内容等

第  1  部

い つ:令和4年10月3日(月曜日)19時00分~20時00分

ところ:河合振興事務所 2階 会議室

定 員:20名

第  2  部

い   つ:令和4年10月4日(火曜日)9時00分~16時00分(8時30分 天生峠駐車場集合)

ところ:天生県立自然公園 緊急避難道

定 員:15名

持ち物:帽子またはヘルメット、作業着、長靴、軍手、昼食、飲み物、合羽(小雨決行)

※お一人お茶2本を事務局で準備します

■申込期限 9月28日(水曜日)ですが、定員になり次第締切ます

※どちらかのみの参加や両日の参加でもかまいません

■参加無料

講師

東北芸術工科大学デザイン工学部非常勤講師「田賀 陽介」氏(環境再生医)

会津若松市を起点とする旧銀山街道72kmを、自然にある物を利用して女性子どもでも補修できる工法により復元する活動を実践中。粗朶柵(そださく)のほか、丸太工法、空石積など多様な工法により実践多数。

申込方法等

参加日・氏名・電話番号を電話またはFax(チラシ参照)にて、お問い合わせまでお申し込みください

電話受付時間:月~金曜日(祝日を除く)9時00分~17時00分

ワークショップチラシ [PDFファイル/606KB]

1 天生峠歩道補修ワークショップチラシ表

1 天生峠歩道補修ワークショップチラシ裏

お問い合わせ

河合振興事務所 地域振興課

電話:0577-65-2221

Fax:0577-65-2179

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>