ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 救急課(警防・救助・救急) > 鉄道事故想定の各機関合同訓練を行いました(古川消防署)

鉄道事故想定の各機関合同訓練を行いました(古川消防署)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月15日更新

鉄道事故想定の各機関合同訓練を行いました

飛騨市消防本部では、令和3年6月7日に鉄道会社のご協力により、実際の駅舎にて実列車を使用した、初の「鉄道事故多数傷病者訓練」を行いました。応援協定に基づき近隣消防本部や警察署も参加し、ケガ人の数等を開示しないブラインド型訓練にて行いました。訓練では、指揮隊により情報収集、各隊への指示等を行い、消防隊は線路内に進入し火災に備えホースを配備し、白煙が充満した列車内の検索・救出活動を行いました。また、救急隊によりトリアージ(傷の程度の判定、選別)を行い、模擬病院への分散搬送を行いました。路線内への進入等実災害に即した実践的な訓練となり、複数機関による現場活動の連携と協力体制の向上が図られました。

 

合同訓練1合同訓練2

 

 

問い合わせ先
古川消防署救急課 : 0577-73-0119
 


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>