ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 「空家の取壊しを支援します」空家除却補助制度

「空家の取壊しを支援します」空家除却補助制度

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月1日更新

良好な生活環境を確保するため、市内の空家を解体(除却)する場合に必要となる費用の一部を補助する「飛騨市空家除却補助制度」を創設しました。利活用の見込みがなく、不要な空家の解体をお考えの方はぜひご活用ください。

補助金交付申請の前に補助要件等確認のための「事前相談」が必要となります

まずは飛騨市役所総務部総務課までご相談ください(電話0577-73-7461)

【事前相談期間】5月31日(火曜日)まで​(※令和4年度の事前相談期間は終了しました)

補助対象空家、補助対象工事の主な要件

  • 市内に存する空家であること
  • 過去に居住の用に供されていた空家(小屋、倉庫等を除く)で、おおむね1年以上居住の用に供されていない空家であること
  • 所有権以外の権利(抵当権など)が設定されていない空家であること(すべての者の同意がある場合を除く)
  • 空家のすべてを除却(解体)し、更地にする工事であること
  • 市の補助金交付決定の後に契約する工事で、交付決定を受けた日が属する年度の2月末日までに工事および工事費の支払いが完了するものであること

※これら以外にも要件があります。詳しくは「空家除却補助金概要資料(PDF)」でご確認いただくか、飛騨市役所総務課までお問い合わせください

補助対象者の主な要件

  1. 所有者等 空家の所有者もしくは法定相続人またはこれらの者から委任を受けた者
  2. 行政区等 空家を所有する行政区、自治会、認可地縁団体等または上記1.の所有者等から委任を受けた行政区等

※これら以外にも要件があります。詳しくは「空家除却補助金概要資料(PDF)」でご確認いただくか、飛騨市役所総務課までお問い合わせください

補助率等

1.所有者等の場合

【対象】一般空家、特定空家  補助対象経費の1/2以内、上限100万円

2.行政区等の場合

【対象】一般空家       補助対象経費の1/2以内、上限100万円

【対象】特定空家(解体のみ) 補助対象経費の1/2以内、上限200万円

【対象】特定空家(取得含む) 補助対象経費の2/3以内、上限200万円

補助対象経費

空家の解体工事費、空家解体に伴う廃材処分費(※空家内部の家財道具や敷地内の動産等の処分は対象外です)

その他

・補助金申請の前に補助要件等確認のための「事前相談」が必要となります。まずは市役所総務課(TEL:0577-73-7461)までご相談ください

【事前相談期間】5月31日(火曜日)まで​​(※令和4年度の事前相談期間は終了しました)​

(補助金申請の受付は6月以降を予定しています)

・補助要件や必要な書類など、申請手続の詳細は以下の空家除却補助金概要資料(PDF)をご覧ください

・この補助金は、交付決定額の総額が予算上限に達した時点で受付終了となります。また、申請多数の場合は補助要件審査による選考となる場合があります。あらかじめご了承ください

資料等

関係様式

ご不明な点は下記までお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>