ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 職員に対する次世代育成支援行動計画

職員に対する次世代育成支援行動計画

印刷用ページを表示する掲載日:2021年4月20日更新

職員に対する次世代育成支援行動計画を公表しています。

 急速な少子化の進行等を踏まえ、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を目的とした「次世代育成支援対策推進法」が平成15年7月に制定されました。この法律により、国および地方公共団体の機関は、職員の仕事と家庭の両立等に関し、目標、目標達成のために講じる措置の内容等を記載した行動計画を策定・公表することとされています。
 飛騨市においても平成17年度より「飛騨市次世代育成計画」を策定・推進してきたところではありますが、平成26年度の時限立法であった「次世代育成支援対策推進法」が、10年間延長されたことに伴い、「飛騨市次世代育成支援計画」も延長したうえで、国の示す新たな行動計画策定指針に基づき、平成27年度に前期計画、令和2年度に後期計画を策定しました。

飛騨市次世代育成支援行動前期計画 [PDFファイル/370KB]

飛騨市次世代育成支援行動後期計画 [PDFファイル/376KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>