ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ひだ > 地元のおいしい食材を学校給食で味わう「ふるさと学校給食」

地元のおいしい食材を学校給食で味わう「ふるさと学校給食」

印刷用ページを表示する掲載日:2022年9月20日更新

9月9日(金)山之村小中学校
 

地元のおいしい食材や農家さん、食に関わる方々のこだわりや想いを学び、故郷に誇りを持ってもらおうと、飛騨市産の食材がたくさん使用された給食を提供する「飛騨市ふるさと学校給食の日」が行われました。
 
この日の給食は市内の小中学校統一で、「飛騨牛丼」や大豆の「煮豆」、「ほうれん草ののり酢あえ」の他、山之村牧場の「ミルクプリン」がメニューでした。
 
また、この日に合わせて山之村小学校では、山之村地区でほうれん草を栽培している清水琢也さんと市役所職員による授業が行われ、清水さんは「毎日、一生懸命育てたほうれん草を、食べた方から『おいしい』と言ってもらえたり、先輩農家さんから『良いほうれん草を作るね』と言われると嬉しい。主役となる食材をより一層おいしく引き立ててくれるほうれん草を楽しんで食べてくださいね。」と話されました。

清水結月さん(5年)は「飛騨市の食材のことや飛騨のほうれん草について初めて知ったことがあったので、家に帰ったら調べてみたい」と代表して感想を発表し、給食を食べた児童たちは「牛丼が特においしかった」、「ほうれん草がとても甘かった」などと満足気に給食の感想を話していました。

給食の様子(1)

ふるさと学校給食の様子

給食の様子(2)

ふるさと学校給食の様子

給食の様子(3)

ふるさと学校給食の様子

 


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>