ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ひだ > 神岡町出身で中京高校軟式野球部の嶌田碧さんが全国優勝を報告

神岡町出身で中京高校軟式野球部の嶌田碧さんが全国優勝を報告

印刷用ページを表示する掲載日:2022年12月28日更新

12月27日(火曜日) 市役所

8月24日から29日にかけて兵庫県明石市、姫路市で行われた第67回全国高等学校軟式野球選手権大会で優勝を果たした中京高校軟式野球部に所属する神岡町出身の嶌田碧(あおし)さん(2年)が市役所を訪れ、優勝報告会が開かれました。

決勝では、あべの翔学高校(大阪)と対戦。嶌田さんは5番ライトで出場しました。2回表に先制を許しましたが、中高高校は4回裏に1点を返し、さらに7回裏には嶌田さんの適時打もあって逆転に成功しました。しかし、8回には同点とされる白熱した試合展開に。その後、9回裏に仲間の安打で4対3のサヨナラ勝ちをおさめ、チームとして3年ぶり11回目の優勝を果たしました。

報告会当日、母の明日香さんと一緒に訪れた嶌田さんは優勝メダルを胸に「7回は『ここで点を取らないと』という気持ちで打席に立ったので、打った瞬間は嬉しかったです。対戦相手の『追いつくぞ』という気迫も伝わってきましたが、日本一になれて嬉しい」と振り返りました。また、「来年に向け、冬期の練習でどれだけパワーアップできるかが大事。来年も勝って、また良い報告ができるようにしたい」と意気込みを語りました。

沖畑教育長は「いっぱい経験をして、身体的にも精神的にも大きくなりましたね。自分の夢をかなえる事を通して、地元を元気にしてくれているのは素晴らしいこと。また日本一を目指して頑張って」とエールを送りました。

現在は、寮生活を送りながら野球と勉学に励む毎日。「今、洗濯や炊事を自分でやっていますが、やってみて大変さが分かりました。親のありがたみを肌で感じています」と話す嶌田さん。試合を観戦したという母の明日香さんは「よく頑張ってくれました。優勝は本当に嬉しかったの一言です」と話していました。

報告の様子(1)

報告の様子

報告の様子(2)

報告の様子

報告の様子(3)

報告の様子

報告の様子(4)

報告の様子

報告の様子(5)

報告の様子

報告の様子(6)

報告の様子


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>