ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ひだ > 小雨降る中、懸命にたすきつなぐ

小雨降る中、懸命にたすきつなぐ

印刷用ページを表示する掲載日:2022年11月21日更新

11月20日(日曜日) ハートピア古川周辺、古川町市街地

第59回飛騨駅伝競走大会が、古川町若宮のハートピア古川横を発着点に市街地を周回するコースで開催されました。飛騨市での開催は今回で6回目。あいさつに立った都竹市長は「沿道の皆さんの応援がさらに好成績につながるのでは。コロナの中で練習が大変だったと思います。今日は、普段からの練習の成果をいかんなく発揮し、好成績を収めてください」と選手にエールを送りました。

飛騨地区に在住・在勤の一般男女、飛騨地区の学区に通う高校生、飛騨地区在住の中学生が対象で200人以上が参加。それぞれ5人1組のチームとなり、部門ごとに2.9キロ、3.5キロ、4.6キロのコースを周回しました。

選手らは、都竹市長や布俣県議による号砲でスタート。当日は、小雨がしょぼふるあいにくの天候となりましたが、それぞれがベストを尽くしてたすきをつなぎ、健脚を競い合いました。コース沿いには、市民や関係者が小旗を振って応援する姿も見られました。また、選手を応援するため、楽団ニューコメッツのメンバー8人が会場で演奏を披露し、大会に花を添えました。

飛騨市消防団神岡方面隊女性消防団員の皆さんも、団員募集の啓発活動を兼ねて参加。走り終えた岩垣章子さんは「来年に向けての課題ができました。初めての参加でしたが、沿道の皆さんの応援もあって頑張れました」と息を弾ませていました。

また、高山市から参加した丹生川RCの田中広宣さんは「このコースは2回目ですが、前回よりも沿道の応援が多かったです。市民の方にたくさん応援いただき、気持ちよく走れて嬉しかった」と話していました。

各部門3位までの成績は次の通り。
【一般女子】〈1位〉飛騨高山おとな陸上部A〈2位〉飛騨高山おとな陸上部C〈3位〉飛騨市陸上クラブ
【一般男子】〈1位〉三和talkers〈2位〉下呂市陸協〈3位〉新友OCCα
【高校女子】〈1位〉高山西A〈2位〉高山西B
【高校男子】〈1位〉益田清風〈2位〉飛騨高山〈3位〉斐太
【中学女子】〈1位〉中山中学校〈2位〉ASC駅伝心〈3位〉三ツ山チャージ♡!
【中学男子】〈1位〉ASC駅伝魂〈2位〉竹原中学校〈3位〉国府中駅伝チルドレンズ

 

大会の様子(1)

大会の様子(1)

 

大会の様子(2)

大会の様子(2)

 

大会の様子(3)

大会の様子(3)

 

大会の様子(4)

大会の様子(4)

 

大会の様子(5)

大会の様子(5)

 

大会の様子(6)

大会の様子(6)

 

大会の様子(7)

大会の様子(7)

 

大会の様子(8)

大会の様子(8)

 

大会の様子(9)

大会の様子(9)

 

大会の様子(10)

大会の様子(10)

 

大会の様子(11)

大会の様子(11)

 

大会の様子(12)

大会の様子(12)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>