ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 住民票所在地以外での接種について

住民票所在地以外での接種について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年5月13日更新

新型コロナウイルスワクチンの接種は、原則住民票のある市町村(以下住民票所在地とする)で受けることが原則となっていますが、例外として実際にお住まいの地域(居住地)でワクチンを受けられる場合があります。

住民票所在地外で接種を希望される場合は、原則、接種を希望する市町村に対し、事前に「住所地外接種届」の申請手続きを行い、「住所地外接種届出済証」の交付を受けてください。

また、やむを得ない事情がある場合は、申請手続きを省略することができます。

やむを得ない事情

必要な届出

妊産婦が里帰り先で接種する場合

単身赴任者が赴任先で接種する場合

遠隔地へ下宿している学生が接種する場合等

接種を希望する市町村へ住所地外接種届の申請をする。

※住民票所在地より接種券を受け取り後に接種を希望する市町村へ申請を行います。

飛騨市での接種をご希望の方、詳しくはこちら [PDFファイル/667KB]をご参照ください。

入院・入所中の施設で接種する場合

入院・入所中の医療機関・施設へご相談いただくことになります。

基礎疾患のある方が主治医の下で接種する場合

接種を希望する医療機関・施設へご相談いただくことになります。

災害による被害にあった方が避難先で接種する場合

住民票所在地より接種券が送付されます。「住所地外接種届出済証」も同時に送付されます。

接種を希望する市町村の接種方法を確認の上、ご予約ください。

ドメステック・バイオレンス(DV)、ストーカー行為等、児童虐待およびこれらに準ずる行為の被害者がお住まいの市町村で接種する場合

接種を希望する市町村へ住所地外接種届の申請をする。

※住民票所在地より接種券を受け取り後に接種を希望する市町村へ申請を行います。

飛騨市での接種をご希望の方、詳しくはこちらをご参照ください。

やむを得ない事情があり住民票所在地より接種券の取り寄せが難しい場合。

接種を希望する市町村に再発行の申請を行っていただく必要があります。

飛騨市への再発行申請について詳しくは、こちらをご参照ください。

 申請書のダウンロード

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>