ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 即時判定可能なコロナ検査を自己負担3千円で受けられる体制を整えます

即時判定可能なコロナ検査を自己負担3千円で受けられる体制を整えます

印刷用ページを表示する掲載日:2021年4月22日更新

市がコロナ検査機器を導入し迅速で安価な無症状検査体制を整えます

社会活動において感染の不安を持たれた市民が迅速かつ安価に検査を受けられ、早期に社会活動を再開できるよう、飛騨市では即時に判定可能なコロナ検査機器を導入し、市内対象医療機関において自己負担3,000円で受けられる体制を整えます。

コロナ検査(核酸検出検査)とは

本検査は、「新型コロナウイルス感染症病原体検査の指針(3.1版)」に記載される「核酸検出検査」の一つです。

各種検査の特徴

核酸検出検査は、ウイルス遺伝子(核酸)を特異的に増幅するPCR法が用いられており、検体中に遺伝子が存在しているか否かを定量的に確認する方法として、リアルタイムRT-PCR(一般に言うPCR検査)のほか、簡便かつ短時間で結果判定ができる核酸検出方法として、LAMP法やTMA法等、等温で反応が進む簡易法が開発されています。

本検査は「等温核酸増幅法(NEAR法)」を測定原理としており、即時に判定ができるものです。

なお、海外渡航時等に求められる「リアルタイムRT-PCR検査」は、従来どおり自己負担10,000円(市民を対象とした医療機関での無症状PCR検査等の助成)で受けられます。

対象者

  • 無症状での新型コロナウイルス感染に不安のある市民

対象機関

  • 下記参考機器による検査を実施する市内医療機関
    ・飛騨市民病院(令和3年4月22日から)
    ※その他の医療機関は準備ができ次第掲載します。

検査費用

申込方法

  • 対象医療機関に事前予約のうえ、医療機関窓口にてお申し込みください。
    ※検査の際は住所確認ができるもの(運転免許証等)を必ず提示してください。

対象期間

  • 各医療機関の体制整備後(5月中の見込み)~
    ※飛騨市民病院は令和3年4月22日~

【参考】検査機器の内容

【製 品 名】ID NOWTMインスツルメント
【製 造 元】アメリカ Abbott社
【測定原理】等温核酸増幅法(NEAR法)
【処理時間】13分以内
(検体採取等を含めた実際の診療時間とは異なります)
【検 体 種】鼻咽頭ぬぐい液

コロナ検査


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>