ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 飛騨市新型コロナウイルス対策本部 > 新型コロナウイルスに関する基本情報(3月23日更新)

新型コロナウイルスに関する基本情報(3月23日更新)

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月23日更新

市民の皆さまへ(New3月23日)

新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の国内発生が複数報告されています。
厚生労働省において、必要な情報の収集および公表が行われています。また、県ホームページに関連するページが作成されていますのでご参照ください。

■厚生労働省ホームページ<外部リンク>
新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために<外部リンク>
家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症対策基本方針<外部リンク>

■内閣官房ホームページ「新型コロナウイルス感染症の対応について」<外部リンク>

■岐阜県ホームページ<外部リンク>

※海外渡航歴がある方(入国した日の過去14日以内に『検疫強化対象地域』に滞在歴がある方、『入管法に基づく入国制限対象地域』に滞在歴のある方、新型コロナウイルス感染症を疑う症状のある方は【帰国者・接触者相談センター】にご相談ください。(New3月23日)(帰国者・接触者相談センター窓口一覧) [PDFファイル/52KB]

海外渡航歴のある方における新型コロナウイルス感染症の発生について [PDFファイル/105KB]

・厚生労働省ホームページ「水際対策の抜本的強化に関するQ&A(令和2年3月19日時点版)」参照<外部リンク>

 

 

市民の皆さまにおかれては、季節性インフルエンザと同様に感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
ご不明な点等がありましたら、飛騨保健所(相談受付窓口)にお問い合わせください。
飛騨保健所(岐阜県高山市上岡本町7-468)
電話番号0577-33-1111(内線309)

   新型コロナウイルスに関するQ&A<外部リンク>

 

飛騨市新型コロナウイルス対策本部から 市民の皆さんへ
(3月23日更新)

 

コロナウイルス に負けないための Q&A

新型コロナウイルス の感染拡大防止 対策として、長期的に感染予防を続けることが必要となってきました。そのため、感染のリスクを下げつつも、ストレスにならないよう無理のない生活を送ることがとても大切になってき ています。
毎日の生活のなかで、完全に感染を防ぐことは出来ませんが、リスクを知って適切な 予防行動をすることで 安全性 は 大きく向上し ます。 飛騨市での生活における Q&Aを作成しました ので参考にしてください 。

 

コロナウイルスに負けないための Q&Aは、コチラからご覧いただけます [PDFファイル/268KB]

 

新型コロナウイルス感染症に関して飛騨市からのお知らせVol.1(New3月23日)

新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大していく中、飛騨市では国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が発表した「新型コロナウイルス感染症の状況分析・提言(3月19日)」を踏まえ、市民の皆さんへのお願いと市の方針をまとめました。
  
お知らせでは、「普段の生活で気を付けること」、「さまざまな活動について」、「市の各種支援制度」などを紹介しています。

 

新型コロナウイルス感染症に関して飛騨市からのお知らせVol.1は、コチラからご覧いただけます [PDFファイル/1.06MB]
 

 

飛騨市新型コロナウイルス対策本部から飲食店の皆さんへ
(3月16日更新)

 

これまで集団感染が確認されたケースに共通するのは、次の3 つの 条件が同時に重なった場合とされています。国の専門家会議の意見)
(1)換気の悪い密閉空間
(2)多くの人が密集
(3)近距離での会話や発声
一般的な感染予防を行いつつ、店内において、この3 つの 条件が同時に揃う場面を避けて下記の事項に注意することで、安全性は大きく向上しますので、参考にしてください。

 

飲食店への皆さんへは、コチラからご覧いただけます [PDFファイル/160KB]

 

 

イベントや行事等の参加者・開催者の方へ(New3月23日)

多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合、風邪のような症状がある方は参加を控えていただくことや、お一人お一人がマスクの着用、咳エチケットや手洗いの実施を心がけてください。
また、イベントや行事を主催される方は、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただきますようお願いいたします。

 

国の専門家会議の提言「多くの人が参加する場での感染対策のあり方の例」は、コチラからご覧いただけます [PDFファイル/297KB]

 

 

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安 

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく

帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安

以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターにご相談ください

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
    (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターにご相談ください

  • 高齢者
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(Copd等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

お子様をお持ちの方へ

小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

 

なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

相談後、医療機関にかかるときのお願い

  • 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。
    複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。

一人ひとりができる感染症対策は?

風邪や季節性インフルエンザなどの一般的な感染症予防のためにも、咳エチケットや手洗いなどを徹底し、ウイルスの感染を防ぎましょう。

感染症対策<外部リンク>

感染しないようにするために

  1. 手洗い<外部リンク>
    外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などに、こまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
  2. 普段の健康管理
    ​普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。
  3. 適度な湿度を保つ
    ​空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。

マスクの効果は?

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫およびそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状がある人は積極的にマスクをつけましょう。
予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場合では一つの感染予防策と考えられますが、咳や発熱などの人に近づかない、人ごみの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策優先して行いましょう。

【参考】 マスクについてのお願い<外部リンク>

ほかの人にうつさないために

咳エチケット<外部リンク>
くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、咳エチケットを心がけましょう。​

 

新型コロナウイルス感染症対策周知チラシ  (3月2日更新)

岐阜県でも新型コロナウイルスの感染が、2月26日に確認されました。
新型コロナウイルスは、ひとりひとりの感染を完全に防止することは不可能であるとされる一方、感染の拡大スピードを抑制することは可能であり、そのためにはこれから 1~2 週間(おおむね 3月 15 日まで)が重要な時期であるとされています。感染者の有無に関わらず、感染を拡散しない取り組みが求められています。
市民の皆さまにおかれては、日常的な感染予防対策に努めていただくようお願いします。

※詳しくは、チラシをご覧ください

新型コロナウイルス感染症表

新型コロナウイルス感染症裏

新型コロナウイルス感染症が疑われる方へ

「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。
同センターでは、相談内容から新型コロナウイルス感染症の疑いがあると判断した場合、その方へ適切な診察を行う「帰国者接触者外来」への受診調整を行っています。

岐阜県が開設している帰国者・接触者相談センター(岐阜県保健所一覧)<外部リンク>

帰国者・接触者相談センター(飛騨保健所)

電話番号:0577-33-1111(内線 309)
受付時間:24時間

一般的なお問い合わせ先(3月2日更新)

その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては下記相談窓口にご相談ください。

 
 電話番号受付時間備考
厚生労働省相談窓口0120-5656539時00分から21時00分土日・祝日も実施
飛騨保健所0577-33-1111(内線 309)9時00分から17時00分 
岐阜県健康福祉部保健医療課058-272-88609時00分から17時00分令和2年3月中は、岐阜県健康福祉部保健医療課で、土曜日、日曜日、祝日振替休日の9時から21時までの相談を受け付けています。

聴覚に障害がある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方
ファックス:03-3595-2756

関連情報はこちらから

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>