ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 飛騨市新型コロナウイルス対策本部 > 市税等の納付の猶予要件の緩和により最大1年納付を猶予します

市税等の納付の猶予要件の緩和により最大1年納付を猶予します

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月25日更新

市税等を一時的に収められない方のために最大1年納付を猶予します
(New3月25日)

 
新型コロナウイルス感染症の影響により、収入の減少や資金繰りが悪化するなど、納期限までに市税や各種料金が納められない方のために、これまでの猶予の要件を市独自でさらに緩和し、最大1年納付を猶予します。
 
対象は、事業に著しい損失受けた事業者や生活の維持が困難な方で、市税(市県民税・固定資産税・軽自動車税等)、国民健康保険料、上下水道使用料や保育料など、一定の要件を満たす場合に最大で1年の猶予が認められます。

●申請受付日
3月26日(木曜日)~

●対象となる市税・料金
市税(市県民税・固定資産税・軽自動車税等)、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料、市営住宅使用料、上下水道使用料、保育料、情報施設使用料、育英基金償還金

●主な猶予の要件
1.事業に著しい損失を受けた場合または事業の継続が困難になる場合
・操業度または販売額等が前年同期に比して50%(通常の80%を緩和)以上減少してる期間が1か月を超える場合
・新型コロナウイルス感染症の影響により固定資産や棚卸資産を廃棄せざるを得なくなった場合
2.生活の維持が困難になる場合
・本人および扶養親族の必要生計費に相当する収入を確保することができなくなった場合
 
※この他詳しくは、チラシをご覧ください

チラシ1

チラシ2

市税等の納付の猶予チラシはコチラからご覧いただけます [PDFファイル/88KB]

◆各種申請書はコチラから

01_納税(納付)の猶予申請書 [PDFファイル/74KB]

02_財産収支状況書 [PDFファイル/61KB]

03_財産目録(担保要す場合のみ) [PDFファイル/60KB]

04_収支の明細書(担保要す場合のみ) [PDFファイル/70KB]

 

 
【問】
・上下水道使用料
 水道課 電話番号0577-73-7484
・市税
 税務課 電話番号0577-73-3742
・保育料
 子育て応援課 電話番号0577-73-2458
・国民健康保険料
 市民保健課 電話番号0577-73-7464
・情報施設使用料
 管財課 電話番号0577-73-7462
・後期高齢者医療保険料
 市民保健課 電話番号0577-73-7464
・介護保険料
 地域包括ケア課 電話番号0577-73-7469
・市営住宅使用料
 都市整備課 電話番号0577-73-0153
・育英基金償還金
 教育総務課 電話番号0577-73-7493

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>