ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域振興課 > H30年度『飛騨市がんばれふるさと応援寄附金』(ふるさと納税)寄附金使途のご報告(1)

H30年度『飛騨市がんばれふるさと応援寄附金』(ふるさと納税)寄附金使途のご報告(1)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月27日更新

いつも岐阜県飛騨市をご支援いただきまして、

ありがとうございます。

H29年1月1日~12月31日に寄附者の皆さまから賜りました『がんばれふるさと応援寄附金』(ふるさと納税)は、

H30年4月より、多くの事業に活用しております。

年度中ではございますが、その中の一部の活用事例をご紹介させていただきます。

また、今後、ふるさと納税の活用事例は随時ご紹介してまいります。

宇宙物理学研究所紹介施設「ひだ宇宙科学館 カミオカラボ」を整備しています!

飛騨市にはノーベル賞を輩出した「スーパーカミオカンデ」をはじめとする宇宙物理学の研究施設が複数存在します。市民や飛騨市を訪れた人に飛騨市で行われている宇宙物理学の研究内容を広く紹介する施設「ひだ宇宙科学館 カミオカラボ」の整備に活用させていただいています。

平成31年3月27日オープンが決定いたしましたのでお近くにお越しの際はぜひご来場ください!

カミオカラボイメージ

 

災害時に備えて、ドローンを活用した防災の取り組みを進めています

災害に強いまちづくりを進めるため、市内各消防署に災害時用のドローンの配備を行いました。

ドローンの操縦者の育成のため、消防職員は操縦講習を受講するなど、災害時に備えた取り組みを行っています。

飛騨市ドローン1飛騨市ドローン2

2018年7月の集中豪雨での被害の様子です。

ドローンの活用で迅速に被害状況を確認できるようになりました。

JFAこころのプロジェクト「夢の教室」開催!

「夢の教室」は、現役のアスリートなどを特別授業講師「夢先生」として市内小学校へ迎え、実体験などに基づいた授業を通して、仲間を思いやることや仲間と協力すること、夢を持つことの大切さなどを子どもたちに伝えることを目的に行われています。今年度は元シンクロ選手の中村麻衣さんが講師を務めました。

こころのプロジェクトこころのプロジェクト2

 

飛騨市ファンクラブ大人気です!

​ 飛騨市ファンクラブは市と末永く交流の持てる方々からなる会として平成28年度に創設しました。

 飛騨市ファンクラブの会員証は楽天Edyカード(飛騨市オリジナルバージョン)を導入し、この会員証の楽天Edyを利用した場合、利用額の0.1%を楽天Edy(株)から飛騨市に寄附されるという全国初の仕組みを構築しました。

今年度会員は2700名に達し、47都道府県に会員様がいらっしゃいます。飛騨市にとって元気付けられる存在です。当ファンクラブでは、会員等を対象としたファンの集いや飛騨市の魅力を体感していただくために魅力発信ツアーを開催しています!

飛騨市ファンクラブ1飛騨市ファンクラブ2

​飛騨市ファンの集いは東京、岐阜、飛騨市で実施し、来春大阪で実施する予定です。

 

今後もふるさと納税を大切に活用し、魅力ある飛騨市を目指していきます!

飛騨市のふるさと納税は下記から宜しくお願い致します。

◆飛騨市公式ページ<外部リンク>


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>