ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > ゾーニングと土地利用の方針

ゾーニングと土地利用の方針

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

飛騨市まちづくり計画 飛騨市建設計画

古川 >>><伝統文化と匠の技を現代に受け継ぐゾーン>
中心・都市エリア
農業生産・体験学習・観光拠点
 
神岡 >>>

<未来に夢をはせる宇宙科学最先端ゾーン>
都市・自然環境保全エリア
体験学習・観光拠点

 
河合 >>><自然と雪が暮らしを楽しくするゾーン>
自然環境保全・生活エリア
体験学習・観光拠点
 
宮川 >>><ユーモアと自然が織りなす交流ゾーン>
自然環境保全・生活エリア
体験学習・観光拠点
ゾーニングと土地利用の方針の画像
 

土地利用の基本的な方針

市街地地域は、居住や経済活動の環境整備、安全や快適性の確保などに努め、市街地機能の充実を目指した活用を図ります。農業地域は、生産促進、自然景観保全および循環機能への配慮などに努め、生産と生活の活性化拠点としての活用を図ります。森林地域は、生産、土地保全、自然や水源の保全および交流の場としてなど公益的視点での活用を図ります。

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>