ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

飛騨市市章

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

Hida municipal emblem

平成15年11月5日に飛騨市章が決定しました。
このページでは、市章が決定した経過や、市章のコンセプトをご紹介しています。

飛騨市・市章(シンボルマーク)の画像

デザインの考え方

 この市章は「水と木の文化薫る四町村が響き合い、市民や他の地域、そして世界へ発信する様子(活力)」を表しています。

 古川町が朝霧、河合村の雪、宮川村の豊かな水、そして神岡町の最新技術を支える水など、四町村をつなげる「水」に着目し、波紋や年輪をモチーフとして、彫刻的(立体的)で現代的なシンボルとしました。

 全体的な造形として、現代の生活にふさわしい表情をもちながら、古い町並みにも調和する日本的な表情にも配慮されています。それは歴史ある飛騨の文化を守りながら、現代に発展させる人々の姿を表しています。

 また、シンボルカラーであるおちついた水色は、水や空など飛騨市の豊かな自然と、人々のやすらぎを表現したものです。

飛騨市市章(HIDA CITY:飛騨市)の画像

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>