ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 飛騨みんぱく「飛騨の森アロマづくり」が開かれました

飛騨みんぱく「飛騨の森アロマづくり」が開かれました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月11日更新

【広報まちの話題】
⦿飛騨みんぱく「飛騨の森アロマづくり」が開かれました
9月28日(金曜日)古川町 Mother’S House

飛騨みんなの博覧会プログラムNo.26「飛騨の森アロマづくり」が9月28日、古川町のMother’S Houseで開かれ、市内外から5人が参加しました。
 
このプログラムでは、飛騨の森で採取した木や葉っぱを蒸留して、天然成分のフローラルウォーターを抽出体験し、自分のオリジナルの香りを作ろうと企画されました。
 
この日は、アロマの講師の中富康子さんから芳香蒸留水(ハーブウォーター)の抽出方法、歴史や精油との違いなどについて説明がありました。また、今回抽出する飛騨の森の樹木「クロモジ」について、鎮静、抗菌などの効果を高める効果が期待できることなどについて話がありました。
 
抽出では、クロモジの葉や木片が容器に入れられ、容器の中の水が下からの熱で蒸発した水を冷やし、その水がポタポタとビーカーに注がれていき、クロモジ独特の香りが部屋に充満すると、参加者らはそのとても良い森の香りを満喫していました。

 

※詳しくは、ホームページをご覧ください
◆飛騨みんなの博覧会2018ホームページ
https://hidaminpaku.com/<外部リンク>

 

1

 

2

 

3

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>