ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > ジオスペースアドベンチャー(Gsa)2018が行われました

ジオスペースアドベンチャー(Gsa)2018が行われました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月14日更新

【広報まちの話題】

◎ジオスペースアドベンチャー(Gsa)2018が行われました
7月14日(土曜日)神岡町

ジオスペースアドベンチャー(Gsa)2018が行われ、全国から約700人がイベントに参加しました。

ジオスペースアドベンチャー(Gsa)とは、神岡鉱山の本物の坑道と「スーパーカミオカンデ」や「カムランド」などの宇宙物理学最先端の研究施設を活用して行う、地中での探検イベントです。

この日は、神岡町公民館で東北大学の学生によるセミナーが行われた後、バスで坑内に入り、中を歩きながら神岡鉱山の歴史の説明や、実際に使われていた大型重機の見学、暗闇体験が行われました。

今年は、スーパーカミオカンデが工事の最中で施設内を見学する事ができないため、東京大学宇宙線研究所の先生からスーパーカミオカンデの概要や、工事の内容について詳しく説明され、ライブカメラでタンクの中の映像が披露されました。

参加者は「スーパーカミオカンデの中に入ることはできませんでしたが、ライブカメラでタンクの中をみることができてよかった。また、坑内で暗闇体験があり、真っ暗でとても怖かった」と感想を話してくれました。

Gsa

 

Gsa

 

Gsa

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>