ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 古川小学校で地震体験授業がありました

古川小学校で地震体験授業がありました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月21日更新

【広報まちの話題】
◎古川小学校で地震体験授業がありました
6月21日(木曜日)古川小学校

南海トラフ地震や東海地震などの想定地震を体験できる「岐阜県地震体験車」を使った防災学習会が古川小学校で開かれました。
 
この学習会は、市社会福祉協議会と市消防署本部が、実際に地震が発生した際に冷静に対応できるようになってほしいと、市内の6つの小学校で行われました。
 
この日は、古川小学校6年生81人が参加。消防署職員からの説明の後、4人一組で地震体験車に乗って、想定される東海地震の震度7の揺れを体験しました。
 
説明で職員は、「先日大坂で地震があったばかりです。地震はいつくるか分からないので、いざあったときに対応できるよう、自分の安全を確保できる行動をしてほしい」と話しました。
 
児童らは、地震体験に異動すると椅子の無い部屋の中で倒れないように、机につかまったり、四つん這いになって姿勢を低くしたりして、震度7で揺れる地震体験をしました。
 
体験した児童は「本当に地震がおこったら何もできないと思った。地震が来たら逃げれないので、危険なところから離れて自分の命を守りたい」と話してくれました。

 

1

 

2

 

3

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>