ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 年末の交通安全県民運動出発式

年末の交通安全県民運動出発式

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月11日更新

【広報まちの話題】
◎年末の交通安全県民運動出発式
12月11日(水曜日) 飛騨警察署
 
年末の交通安全県民運動の出発式と飛騨警察署のマスコット「ひだきち」がデザインされた濃飛乗合自動車のラッピングバスのお披露目式が11日、同署で行われました。
 
ラッピングバスは、ひだきちが「ダメやさ!あおり!」「飲酒運転だしかんぞ!」などと飛騨弁で話す表現や赤、黄、緑を基調とした目立つ色で道行く人らに注意を呼び掛けるもので、神岡町を中心に、飛騨市、高山市内を巡行します。
 
同署は式典に合わせ、ラッピングバスを運行する濃飛バスの加藤憲治社長を1日警察署長に社員4人を1日警察官にそれぞれ委嘱。式典で渡邉千春署長が「市民の皆さんの目に届いて、交通安全に対する意識が高まることを期待している。市が交通事故ゼロの町になるよう取り組みたい」とあいさつ。その後、加藤社長や都竹市長らがラッピングバスの除幕を行いました。
 
この日、1日警察官、署員、飛騨地区交通安全協議会員は、市役所と神岡町の道の駅「宙ドーム・神岡」で交通安全の啓発活動を行いました。

年末の交通安全県民運動出発式

 

年末の交通安全県民運動出発式

 

年末の交通安全県民運動出発式

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>