ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 多機能型障がい者支援施設建設工事起工式が行われました

多機能型障がい者支援施設建設工事起工式が行われました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月13日更新

【広報まちの話題】
◎多機能型障がい者支援施設建設工事起工式
11月13日(水曜日) 神岡町山田地内(旧山田小学校跡地)

市が建設を予定している「市多機能障がい者支援施設」の起工式が13日、神岡町山田地内の旧山田小学校跡地で行われました。

同施設は、障がいのある方やその家族を対象にさまざまな支援サービスを提供する施設で、日中の入浴や食事などの介護、調理や洗濯などの家事、生活相談、身体機能や生活能力の向上のための援助などの「生活介護」。

その他、障がい者支援施設などで行う福祉型と、病院や診療所などで重症心身障がい児・者を対象に行う医療型の各「ショートステイ」、障がい者を日帰りで預かる「日中一時支援」を実施します。

また、通常の事業所への雇用が困難な障がい者に対し、生産活動の機会を提供したり、知識・能力の向上に必要な訓練などを行う「就労継続支援B型」の役割も担います。

式には工事関係者や施主の都竹市長、地元住民らなど17人が出席し、工事の安全を祈願しました。

都竹市長は「障がいのある方が安心して通ったり、ご家族が安心して預けられることで、日々の暮らしや将来への安心を生み出す拠点になると確信しています」と話しました。

多機能型障がい者支援施設建設工事起工式

 

多機能型障がい者支援施設建設工事起工式

 

多機能型障がい者支援施設建設工事起工式

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>