ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 「さくら」脚本家の田渕久美子さんと記念植樹

「さくら」脚本家の田渕久美子さんと記念植樹

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月23日更新

【広報まちの話題】
⦿「さくら」脚本家の田渕久美子さんと記念植樹
4月18日(木曜日) 古川町高野 追憶の庭(高野千本桜夢公園)

NHK連続テレビ小説「さくら」脚本家の田渕久美子さんが4月18日、古川町高野にある追憶の庭(高野千本桜夢公園)を訪れ記念植樹を行いました。
 
この追憶の庭は、「さくら」が放送された平成14年から高野地区の有志「高野森の子会」が植樹をしてきた公園で、現在では400本以上のヤマザクラが咲き誇る名所となっています。
 
この日は、今年の2月に飛騨市観光大使となった田渕久美子さんが同公園を訪れ、地元住民や関係者らと一緒に、高さ約4メートルのヤマザクラの苗木を植えました。
 
また、「桜がつなぐ出会い」、「田渕久美子さん記念植樹」と書かれた記念の標柱も披露され、都竹市長や地元住民の皆さんと一緒に土をかぶせました。
 
田渕さんは「放送から17年経っても古川の人たちに愛してもらえているのがとてもうれしい。この桜が大きくなるのを見守るのが楽しみ」と話してくれました。

 

1

 

2

 

3

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>