ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 「飛騨市 複合児童福祉施設建設工事」の起工式が行われました

「飛騨市 複合児童福祉施設建設工事」の起工式が行われました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月28日更新

【広報まちの話題】
◎「飛騨市 複合児童福祉施設建設工事」の起工式が行われました
3月28日(木曜日)神岡町殿地内

飛騨市複合児童福祉施設建設工事の起工式が神岡町殿地内(神岡給食センター隣地)で行われました。

この施設は、児童発達支援事業所の「ことばの教室」と日中一時支援事業所の「なかよしキッズ」を統合し、発達に課題のある子どもたちが安全で快適に過ごせる施設となります。新施設は来年4月に供用開始予定です。

起工式には、施工業者や施主である都竹市長など関係者ら約20人が出席し、工事の安全を祈願しました。

都竹市長は「ここは、障がいのある子どもたち、発達に課題のある子どもたちのための複合施設で、子どもたちの発達を支援する重要な役割を担う場所になります。これから約1年をかけての整備になりますが、工事が無事故で順調に進むことを願っています」と話しました。

起工式

 

起工式

 

起工式

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>