ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 飛騨神岡高校の生徒による租税教室が行われました

飛騨神岡高校の生徒による租税教室が行われました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年1月18日更新

【広報まちの話題】
◎飛騨神岡高校の生徒による租税教室が行われました
1月18日(金曜日)神岡中学校

飛騨神岡高校の生徒による租税教室が18日、神岡中学校で行われ同中学校の3年生59人が税金の種類や活用方法などについて学びました。

この教室は、同高校の総合学科の中でビジネス会計系列を選択している3年生18人が、税金や市の財政状況などを事前に学び、消費税などの身近な税をはじめとした税金の種類や、公共事業などを通してみんなの暮らしを支えていることなどについて、自分たちで1から作った資料やクイズなどで分かりやすく説明しました。

その後、「新しい税を考えよう」をテーマにグループ討議が行われ、「スマホ税」や「都会税」、「ネット税」など各グループで考えた新しい税金について意見を発表しました。

参加した同中学校の生徒は、「身のまわりの生活が税金によって支えられていることがよく分かりました。また、今の税金や新しい税金についてよく考えることができました」と話しました。

教室の様子

 

教室の様子

 

教室の様子

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>