ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 台湾新港郷から飛騨市へワーキングホリデー

台湾新港郷から飛騨市へワーキングホリデー

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月19日更新

【広報まちの話題】
⦿台湾新港郷から飛騨市へワーキングホリデー
12月13日(木曜日) 市長室
 
飛騨市と友好都市提携を締結した台湾新港郷から12月13日、王昭琳(ワン チャオ リン)さん、賈涵晴(チア ハン チン)さんの二人が市役所を訪れ、飛騨市でのワーキングホリデー制度の活用について表敬訪問しました。
 
この制度は、日本と台湾の取り決めにより、台湾に住んでいる青少年たちが日本の文化や生活などを体験する目的で、最長1年間日本に滞在し就労を認める制度です。

この日は、毎年飛騨市に訪れている新港文教基金会の元職員のワンさん、チアさんが市長室を訪れ、12月から古川町にある料亭旅館八ツ三館に1年間勤務し、日本での滞在中に学びたいことなどについて話しました。

ワンさんは「まずは日本語を覚えたい。洋菓子づくりについても学びたい」、チアさんは「日本の文化を体験したい。接客業についてもしっかり学んでいきたい」と日本滞在中の意気込みを話してくれました。

 

1

 

2

 

3

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>