ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 飛騨神岡高校ロボット部の生徒が都竹市長に大会結果を報告しました

飛騨神岡高校ロボット部の生徒が都竹市長に大会結果を報告しました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月12日更新

【広報まちの話題】
◎飛騨神岡高校ロボット部の生徒が都竹市長に大会結果を報告しました
12月12日(水曜日)市長室

飛騨神岡高校ロボット部の生徒が市役所を訪れ、10月に韓国で行われた「インターナショナルロボットコンテスト2018」の結果を都竹市長に報告しました。

この大会は、韓国政府知識経済部が主催の二足歩行ロボットによる大会で、韓国・台湾・香港・シンガポール・日本より約70台のロボットがエントリーし、ボクシングやカーリングなどの種目を個人や代表チームで競い合います。

大会では、同校2年生の鈴口玄起さん、鈴木伊吹さん、1年生の倉家悠里さんが国別対抗団体戦の日本チームの一員として出場し、「カーリングの部」金メダル(1位)、「ランブルの部」銀メダル(2位)、「格闘技の部」銅メダル(3位)を獲得しました。

生徒らは、受賞の喜びや大変だったこと、今後の目標などを都竹市長に報告しました。

市長に報告をする生徒ら

 

市長に報告する生徒ら

 

市長に報告する生徒ら

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>