ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 古川小学校で人権ペープサート上演

古川小学校で人権ペープサート上演

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月4日更新

【広報まちの話題】
⦿古川小学校で人権ペープサート上演
11月29日(木曜日) 古川小学校

子どもたちに豊かな人権感覚を身に付けてもらおうと11 月29 日、古川小学校で人権ペープサート(紙人形劇)の上演が行われ、同校の1年生、2年生、3年生の児童ら213人が鑑賞しました。

 

このペープサートは、高山人権擁護委員協議会が主催し、人形制作から脚本・演技まですべて会員らの手作りで上演をしています。この日は、「心のカガミ」と題し男の子、女の子、先生が登場し、自分の心のカガミに好きな人を増やして、みんなに好きになってもらい友だちの大切さを学ぶ内容で、同協議会の委員10人が上演し、児童らは委員が演じる劇を通して人権の大切さに理解を深めていました。

 

鑑賞した児童は「心がすっきりしたので良かった」、「きらいな人を好きになるのは難しいけど、好きになることは大切だと思う」と感想を話してくれました。

 

1

 

2

 

3


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>