ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 飛騨かわい「いなか~にばる2018」が行われました

飛騨かわい「いなか~にばる2018」が行われました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月23日更新

【広報まちの話題】
◎飛騨かわい「いなか~にばる2018」が行われました
11月18日(日曜日)河合町稲越 友雪館

 

「飛騨かわい いなか~にばる」が17日(土)、18日(日)の両日、河合町の友雪館で行われ、河合町文化祭と里山の恵み市や河合町地歌舞伎公演が行われました。

 

河合町地歌舞伎公演の一つ目の演目では、日本駄右衛門や弁天小僧菊野助らの大泥棒が勢ぞろいする「青砥稿花紅彩画 白波五人男~稲瀬川勢揃いの場~」が公演され、配役の女性5人聴きどころの名台詞を言い、みえをきると、会場から大きな歓声があがりました。

 

二つ目の演目では、鎌倉時代の曽我兄弟による仇討を題材にした「寿曽我対面~工藤館場~」が公演され、敵をとうろうとする曽我兄弟のみえをきる仕草では笑いがあったり、迫力があったり臨場感あふれる舞台が観衆を魅了しました。

 

文化祭では、文化展と芸能発表が行われ、同町の保育園児~大人が作成した書道やポスター、写真、絵画などの展示、芸能発表では河合保育園の園児によるお遊戯や河合小学校の児童による合唱、同町の団体・グループによる民踊や歌謡の発表などが行われました。

 

1

 

2

 

3

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>