ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 宮川振興事務所 > 宮川町の棚田で石積みワークショップが開催

宮川町の棚田で石積みワークショップが開催

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月15日更新

​ 棚田と板倉の里で知られる「種蔵集落」で11月7日、8日、棚田の石垣を修繕するワークショップが開かれ、市内外から11名が参加しました。

 このワークショップは、冬の積雪や雨の浸食などによって崩れた棚田の石垣補修を通して、コンクリートやモルタルなどを使わずに自然石を積み上げて造る「空積み」の基本を学び、その伝統的工法の継承や棚田の保全を行うために、市と板倉の宿種蔵(施設責任者 千田陽子さん)の企画により開催されたもので、今回で3回目となりました。

 ワークショップでは、石工職人として各地で石垣施工をしている岐阜県出身の今井了恵(いまいりょうえ)氏から座学で空積みの構造や石の積み方を学んだ後、実際に崩れかかっている棚田の石垣で、解体から修復までの一連の補修方法を学びました。

 参加者は、空積み工法は奥が深く次回もぜひ参加して知識を習得したい、と今後への意欲を語っていました。

修復が終了した石垣の上での記念撮影

修復が終了した石垣の上での記念撮影


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>