ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 予防課 > 消火器などの不適切な訪問販売・点検にご注意ください

消火器などの不適切な訪問販売・点検にご注意ください

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

飛騨市消防本部からのお知らせ

消火器などの不適切な訪問販売・点検にご注意ください

 全国各地で消火器の不適切な訪問販売などによる被害が多発しています。
また近年、住宅用火災警報器に関しても悪質な訪問販売による被害が増加傾向にあります。下記の手口、注意点を参考にしていただき十分に注意してください。
 また、「おかしいな」と思ったら、サインをしないでお金を払う前に消防本部へご連絡ください。

不正取引の手口

消火器

点検・事業所
 まず電話で点検することを事業所へ連絡します(いきなり訪ねてくる場合もあります)。その際大手消火器メーカーなどに似た名前や、○○防災・○○設備など実際にあるような名前で相手に信用させます。始めに内容を説明せず、一見合法的な書面に署名、押印を求めます。その後素早く消火器を集め、その場で点検をしないで車内に搬入あるいは持ち帰ります(点検したように装うため)。再度来所し高額な点検料金を請求します。

販売・一般住宅
 事前連絡はなくいきなり訪ねてきます。その際「消防署、市役所から来ました」「高齢者世帯を対象に点検を行っています」などの口調で相手を信用させます。家に設置してある消火器を見て、どんな消火器であっても古い、期限切れなどの理由によりすぐに交換が必要と説明します。請求金額は高額でありますが、値引きあるいは後日数万円戻るなどのありもしない料金システムの説明をしてきます。料金支払い後、「後で消火器を持ってきます」と言い残しその場を立ち去ります。

住宅用火災警報器

販売・一般住宅
 消防職員のような服装で、「消防署から来ました」「消防法が改正され、すべての住宅に設置と点検が義務付けられました」「住宅用火災警報器を今すぐ設置しないと罰せられます」「住宅用火災警報器の設置には資格が必要です」などと消防法、条例などの内容を偽り販売してきます。

被害に遭わないための注意点

  • 点検業者が来たときは契約業者かどうか必ず確認をし、身分証明などの提示を求める
  • 安易に書類などに署名、押印をしない
  • 不正を感じたらはっきりと販売、点検を拒否する
  • 消防職員や消防団員、市役所職員が消火器や住宅用火災警報器などを訪問販売(斡旋含む)することはありません

少しでも変だなと思ったら、購入または点検をしてもらう前に消防署に問い合わせてください。

消防庁のキャラクター消太くんのイラストの画像

※「用語解説」 は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>