ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 予防課 > 古くなった消火器の処分方法は

古くなった消火器の処分方法は

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

古くなった消火器の処分は、どうすれば良いの?

Q:古くなった消火器の処分は、どうすれば良いの?
A: 消火器を安全に回収してリサイクルする取り組みが2010年から運用されています。
 耐用年数を過ぎている物、錆びたり腐食している物、大きなキズや変形した箇所がある物は、点検または廃棄・リサイクルをおすすめします。
 取扱いは、消火器の引き取りを行える消火器販売店となります。
 消防署では、引き取り等はしておりません。
 また、悪質な消火器の訪問販売、訪問での引き取り等にご注意ください。
問い合わせ先:飛騨市消防本部 予防課 電話 0577-73-6199
 神岡消防署 予防消防課 電話 0578-82-1119

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>