ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化振興課 > 飛騨市美術館 企画展情報

飛騨市美術館 企画展情報

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月29日更新

飛騨市美術館の画像

facebookの画像<外部リンク>  twitter<外部リンク>

展覧会 

開催準備中

第43回岐阜県移動美術館 ナンヤローネミュージアム

心に残るふるさとの景色​ 細江光洋の世界展

2018年11月10日(土曜日)~2018年12月9日(日曜日)

チラシ表チラシ裏

高山市に生まれた細江光洋は、撮影者として携わった岩波写真文庫『飛驒・高山』(岩波書店、1953年)をはじめ、今日多くの人が思い描く「飛驒高山」のイメージを作った写真家です。戦後の飛驒における人々のくらしや風景を、刻々と変化していく姿として撮り続けました。自然体で捉えた写真には、ほんものの飛驒の姿に宿る神秘的な美しさが切りとられています。それは現代を生きる私たちにとっても心の故郷と重なって見えるからかもしれません。

本展は、岐阜県美術館コレクションから、岐阜県を代表する写真家細江光洋を紹介する回顧展として、ゆかりの地飛驒市で開催するものです。消えゆく風景や過ぎ去った情景を、ひとりの写真家の眼をとおして、写真による記録と人々の記憶によって展望していきます。

【無料開放日】家族ミュージアムの日 2018年11月18日(日曜日)

 

開館時間:9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

休 館 日:月曜日(祝日の場合は翌平日)

観 覧 料:一般200円、高校生以下無料

    (身体障がい者手帳の交付を受けている方と20名以上の団体は20%割引)

主  催:岐阜県美術館、飛驒市教育委員会

後  援:高山市、白川村、飛驒市、高山市教育委員会、白川村教育委員会、飛驒市文化協会、(一社)高山市文化協会、(一社)飛騨・高山観光コンベンション協会、(一社)白川郷観光協会、(一社)飛驒市観光協会

協  力:(有)細江スタジオ

 

◆オープニングギャラリートーク    ★事前申込不要★

日  時:11月10日(土曜日)11時00分~11時30分

会  場:飛驒市美術館 展示会場

担  当:黒木祐香(飛驒市教育委員会学芸員)

     松岡未紗(岐阜県美術館学芸員)

料  金:無料(入館料必要)

 

◇グラノワフォトの感性を高める撮影アートワーク    ☆事前申込制☆

技術を学ぶのではなく、世の中にある構図とは別に自分だけの線を見つけて感性を引き出すアートワークを行います。撮影した作品はA4サイズに現像し、本展会期中、古川郷土民芸会館に展示します。その後参加者にご返却します。

日  時:11月11日(日曜日)9時30分~14時00分

会  場:飛驒市美術館 研修室

講  師:糸井ナオミ(granowa photo代表・クリエイター)

対  象:8歳以上、先着10人

料  金:大人3,000円 小人(高校生以下)1,500円

持 ち 物:カメラ(フィルム以外のもの。デジタルカメラ・一眼レフ・スマートフォン等)、カメラとパソコンをつなぐコード

お申し込み先:飛驒市美術館(電話番号:0577-73-3288)

 

◆岐阜県美術館出張ワークショップ「飛驒びとの心ってナンヤローネ」    ★事前申込不要★

日  時:12月1日(土曜日)13時30分~15時00分

会  場:飛驒市美術館 展示会場

担  当:岐阜県美術館教育普及係

料  金:無料(入館料必要)

対  象:すべての人

受  付:13時00分~13時30分

 

◆特別企画

 みんなでわいわいトーク「飛驒びと全員で語る、飛驒の風土」    ★事前申込不要★

細江光洋が遺した写真は、たくさんの懐かしい飛驒の人びとや景色が被写体となっています。それは実はあなたのとなりにいる人や慣れ親しんだ近所の風景かもしれません。作品の前で語り合いましょう。

日  時:11月11日(日曜日)/11月25日(日曜日)/12月9日(日曜日) 各日14時00分~

会  場:飛驒市美術館

料  金:無料(入館料無料)

途中参加・退場可

 

過去のイベントはこちら

アクセス

飛騨市までの概略図→飛騨市への行き方―[飛騨市観光サイト-外部サイト]<外部リンク>

飛騨市内概略図[PDFファイル/537KB]

JRでお越しのお客様 

飛騨古川駅出口より右手、弧線橋を渡りお越しください。

車でお越しのお客様

駐車場は、市営若宮駐車場、または文化村西駐車場をご利用ください。

ご利用案内

飛騨市美術館

開館時間午前9時~午後5時
入館料一般200円/高校生以下無料
※20名以上の団体および障がい者手帳をお持ちの方は160円
※展示内容により全対象者が無料になる場合があります
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始/展示替え期間

古川郷土民芸会館

開館時間午前9時~午後5時
入館料無料
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始

古川郷土民芸会館は、地域のサークル活動等でもご利用いただける貸館事業を行っております。
使用には事前申し込みが必要です。
ご検討中の方は、当館ならび教育委員会文化振興課文化係までお問い合わせください。
教育委員会文化振興課文化係 電話番号:0577-73-7496
各部屋の料金はこちら[PDFファイル/79KB]をご覧ください。

お問い合わせ

飛騨市美術館
〒509-4221 飛騨市古川町若宮2-1-58
​電話番号/ファクス番号: 0577-73-3288/0577-73-5003
E-Mail: sansyokan@city.hida.gifu.jp

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>