ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化振興課 > 飛騨市美術館 展覧会情報

飛騨市美術館 展覧会情報

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月1日更新

飛騨市美術館の画像

facebookの画像<外部リンク>  twitter<外部リンク>

展覧会 

年間スケジュールはコチラ

2020-2021 ご案内 [PDFファイル/67.55MB]

 

【飛騨市の新型コロナウイルスによるイベント等の中止について】

飛騨市の新型コロナウイルスによるイベント等の中止・延期情報や文化・生涯学習施設およびスポーツ施設の利用については、以下の飛騨市HPでご確認ください。
https://www.city.hida.gifu.jp/soshiki/13/18336.html

 

飛騨からうまれた絵本展

チラシ 表 チラシ 裏

4月18日(土曜日)~6月7日(日曜日)

 

飛騨で生まれたふたつの絵本の世界を紹介し、アートを身近に感じてもらう絵本展。『あのこヘンナコ』の作者ワダアスカは、高山市在住の絵本作家・イラストレーター。2017年に文芸社の「第13回えほん大賞」絵本部門で大賞を受賞。他と一緒でなくていい、ひとりひとり違う良さがきっとあることを気づかせてくれる作品です。ポップでカラフルな絵は見る人に元気を与えます。『神様ポスト』の作者月夜ぼたんは、下呂市在住の絵本作家です。昨年まで飛騨市で暮らし、絵本を出版しました。同作品は、豊かな森の中の個性あふれる動物たちを通して「悩み事は誰かに話すと解決の糸口が見つかるかもしれない」という思いを伝えます。愛知県在住の山本えりこが担当した絵は、そんな作者の思いを代弁するように優しさに溢れています。会場に展示された絵本のイラストのなぞときをしながら絵本の世界を巡ったり、「神様ポスト」にお便りを出して返事をもらったり、肩の力を抜いて気楽に絵本と「びじゅつ」をお楽しみください。

 

開館時間:9時00分~17時00分(入場は16時30分まで)

休 館 日:月曜日(祝日の場合、翌平日)

入 館 料:一般200円 高校生以下無料

     障がい者手帳の交付を受けている方と20名以上の団体は20%割引

     第3日曜日は家族ミュージアムの日として入館無料

主  催:飛騨市教育委員会

協  力:株式会社 文芸社、飛騨・世界生活文化センター指定管理者飛騨コンソーシアム

関連行事(場所:飛騨市美術館 ★事前申込不要)
内容日程

月夜ぼたん×ワダアスカ トークイベント

絵本作家になった理由、飛騨地域で絵本作家活動をすることなどをお話しいただきます。

日時:2020年4月18日(土曜日)午前10時30分~

 

月夜ぼたん『神様ポスト』読み聞かせ

&神様ポストに手紙を出そう!

​​

◆1回目

日時:2020年5月17日(日曜日)午前10時~

◆2回目

日時:2020年5月30日(土曜日)午前10時~

副館長と絵を見て話そう!

絵を見て感じたこと、気づいたこと、びっくりしたことをお話ししてみよう!

日時:2020年5月24日(日曜日)午前10時~

 

開催予定

◆宮川・高原川の伝統漁法・魚食文化展~富山湾から遡上していた魚たち~

7月4日(土曜日)~8月23日(日曜日)

飛騨市を流れる宮川、高原川へ富山湾からサクラマス、鮎、サケが上がっていた。

時代を見つめながら、それら魚を捕らえたさまざまな漁具に触れることで伝統漁法を知ること。さらには捕らえた魚をその集落独自な保存方法で、いかに食べたかを探ることで、飛騨の魚食文化を楽しく学習する機会を提供します。

 

◆第17回 飛騨市美術展

9月20日(日曜日)~10月4日(日曜日)

新しい芸術文化の創造を促すと共に地域文化の振興に寄与する、感受性の優れた作品を広く募集し、一般に公開します。​

 

生涯飛騨で描き続ける 洋画家 小枝利汎展

10月17日(土曜日)~12月6日(日曜日)

飛騨市古川町在住の小枝利汎(1925(大正14)年-)は、1948(昭和23)年高山市の徳永富士子の画塾で学んで以後、95歳になった今日に至るまで絵を描き続けている画家です。朝市の風景を数多く描き、21回にわたり日展入選した、小枝の画業を作品とともにたどります。​

 

◆収蔵品展(仮称)

12月19日(土曜日)~令和3年1月24日(日曜日)

​飛騨市美術館の改修工事休館を前にして、収蔵品を一堂に展示します。2007(平成19)年山樵館から飛騨市美術館にリニューアルした際に収蔵した作品や、飛騨市に縁の深い作家や作品を展示します。

 

◆第13回 飛越交流美術展

令和3年2月27日(土曜日)~令和3年3月21日(日曜日)

飛騨市と富山市の作家間交流を目的として行われる展覧会です。

 

 

※予定が決定次第、随時更新をさせていただきます。

その他展覧会

・顕彰展 8月29日(土曜日)~9月3日(木曜日)

 主催:飛騨市文化協会

・飛騨市小中学校図工美術展 令和3年2月11日(木曜日)~令和3年2月17日(水曜日)

 主催:飛騨市教育研究所​

・美術教室発表展  令和3年2月11日(木曜日)~令和3年2月17日(水曜日)(飛騨市美術館 研修室)

 

※予定が決定次第、随時更新をさせていただきます。

 

過去のイベントはこちら

アクセス

飛騨市までの概略図→飛騨市への行き方―[飛騨市観光サイト-外部サイト]<外部リンク>

飛騨市内概略図[PDFファイル/537KB]

JRでお越しのお客様 

飛騨古川駅出口より右手、弧線橋を渡りお越しください。

車でお越しのお客様

駐車場は、市営若宮駐車場、または文化村西駐車場をご利用ください。

ご利用案内

飛騨市美術館

開館時間午前9時~午後5時
入館料一般200円/高校生以下無料
※20名以上の団体および障がい者手帳をお持ちの方は160円
※展示内容により全対象者が無料になる場合があります
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始/展示替え期間

古川郷土民芸会館

開館時間午前9時~午後5時
入館料無料
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始/その他美術館休館日に準ずる

古川郷土民芸会館は、地域のサークル活動等でもご利用いただける貸館事業を行っております。
使用には事前申し込みが必要です。
ご検討中の方は、当館ならび教育委員会文化振興課文化係までお問い合わせください。
教育委員会文化振興課文化係 電話番号:0577-73-7496


各部屋の料金はこちらをご覧ください。 [PDFファイル/3.23MB]

お問い合わせ

飛騨市美術館
〒509-4221 飛騨市古川町若宮2-1-58
​電話番号/ファクス番号: 0577-73-3288/0577-73-5003
E-Mail:sansyokan@city.hida.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>