ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化振興課 > 「第13回飛越交流美術展」の開催に関するご意見について(飛騨市教育委員会)

「第13回飛越交流美術展」の開催に関するご意見について(飛騨市教育委員会)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月19日更新

「第13回飛越交流美術展」の開催に関するご意見について (飛騨市教育委員会)

飛越交流美術展の開催に関しご意見を頂戴しましたので、次のとおりお答えいたします。

【ご意見(1)】国、県も県域を越えた帰省までもご遠慮くださいと言っていますが、なぜこの時期の開催ですか。

【回答】
飛越交流美術展は、今年度は飛騨市の開催順ですが、毎年2月から3月にかけて富山市と飛騨市で交互に開催しそれぞれの市民の皆様にご覧いただいているもので、富山からの来場者を前提としているものではありません。また、開催の判断にあたっては、新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が1月9日から岐阜県に発令されていましたが、飛騨地域の感染者数はほとんど増えていないこと、富山県には緊急事態宣言が発令されていないことを踏まえて、感染対策をしっかりと取ったうえで開催することを決定しました。なお、感染対策の一つとして、設営にあたっては富山市からの作品は役員の方お一人に搬入いただきました。

【ご意見(2)】今年度の飛騨市美術展の開催も中止されたなかで、作品の選定はどのようにされ出展の運びとなりましたか。

【回答】
作品の選定は、この飛越交流美術展の開催にあたり組織している運営委員会委員の推薦で選定しています。

【ご意見(3)】連日放送されている飛騨市新型コロナ対策本部との調整をされましたか。

【回答】
​当該対策本部では個々の催事の実施可否は判断しませんが、基本的な方針として市の主催事業は感染症対策を施したうえで極力開催することを確認しています。

【ご意見(4)】私は、今回見に行っていませんが富山からの立派な作品も多々あるものと思いますが、飛騨市美術館の換気等は飛騨市新型コロナ対策本部の指針に沿って行われていますか。

【回答】
​飛騨市美術館は、換気や入館、退館時の手指消毒等、指針に沿った感染対策を常時実施しています。また、美術展の開催にあたっては、一番人が密集する可能性があるのは展示室の設営時ですので、今回は設営に携わる人数を限定し、常時換気を行ったうえで人が密にならないようにしながら作業を実施するとともに、開場式も最低の人数で開催しました。

【ご意見(5)】新年度の飛騨市美術展は当然に開催されるのでしょうか。

【回答】
令和3年度の飛騨市美術展も今後の新型コロナの状況にもよりますが、感染症対策をとったうえで開催する予定です。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>