ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化振興課 > 【飛騨市美術館】有限と無限の美 阿部浩 石版画展

【飛騨市美術館】有限と無限の美 阿部浩 石版画展

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月15日更新

飛騨市美術館 収蔵品展「有限と無限の美 阿部浩 石版画展」

チラシ 表

2020年2月15日(土曜日)~2020年3月22日(日曜日)

阿部浩(1946/昭和21-)は、日本を代表する石版画(リトグラフ)作家です。有限と無限の表現を探求し、美を創造し続けています。

26歳で渡欧し、ジョルジュ・ダイエスに師事した阿部は、70年代~80年代にかけて幾何学的で構造物を思わせるような作品を制作し、その作品群を「無目的な建築」と名付けました。それに続く、線と面で表現されたピラミッドシリーズでは、色の濃淡により透過性を表現した作品を生み出しています。有機的な表現への移行は、1991年(平成3)死去した師ジョルジュ・ダイエスに捧げたシリーズから決定的になります。作品に込めた自らの感情は、有限のものが無限へと回帰する様を創り出しました。阿部の作品は変化し続け、2000年代では人や樹木などの有限のものを通して無限を表現する、90年代とは対照的な作品を生み出しています。

本展では2008年(平成20)と2013年(平成25)に飛騨市美術館に寄贈された作品から、約50点を展示します。内に秘められた感情を緻密かつ力強く刷りあげた作品群は、その高度な技術と共に目を惹きつけてやみません。魅力に溢れた崇高な美をぜひご覧ください。

 

開館時間:9時00分~17時00分(入場は16時30分まで)

休 館 日:月曜日(祝日の場合、翌平日)

入 館 料:一般200円 高校生以下無料

     障がい者手帳の交付を受けている方と20名以上の団体は20%割引

     第3日曜日は家族ミュージアムの日として入館無料

主  催:飛騨市教育委員会

関連事業
日程内容

◆アーティスト・トーク 阿部浩

阿部先生

日時:2020年3月15日(日曜日)午前10時30分~正午

場所:飛騨市美術館 常設展示室

★参加料無料・家族ミュージアムの日のため入館無料

★事前申込不要

 飛騨市美術館 収蔵品展「有限と無限の美 阿部浩 石版画展」に関連した講座として、日本を代表する石版画作家 阿部浩氏を招き「石版画(リトグラフ)とは(成立と技法、その特色)」「絵画観(制作と表現、技法)」をテーマにアーティスト・トークを開催いたします。

 さまざまな技法のある版画のなかでも、「化学的印刷術」と呼ばれる石版画の魅力を学びます。

 

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>