ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民保健課 > 新生児聴覚スクリーニング検査を受けるときは

新生児聴覚スクリーニング検査を受けるときは

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

生まれつき耳のきこえに障害があるお子さんが、1,000人に1~2人生まれると言われています。聴覚障害は、赤ちゃんのうちに発見し、適切な支援をしてあげることによって、成長発達を促すことができると言われています。そのため、新生児を対象に行う「耳のきこえ」の検査費用の助成を行っています。

対象

保護者が飛騨市内に住所を有する新生児

助成額

3,700円

検診票の交付

母子健康手帳を交付する際に一緒にお渡しします。

注意事項

市外に転出された場合は、検査票が使用できません。飛騨市の検査票をお持ちの上、転出先の市町村にお問い合わせください。

資料

岐阜県 新生児聴覚検査について<外部リンク>

お問い合わせ先

飛騨市古川町保健センター
〒509-4221 飛騨市古川町若宮2-1-60
電話番号 0577-73-2948  ファックス番号 0577-73-7295

飛騨市神岡町保健センター
〒506-1161 飛騨市神岡町保健センター
電話番号 0578-82-2233  ファックス番号 0578-82-6664

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>