ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民保健課 > 未熟児の医療給付を申請するときは

未熟児の医療給付を申請するときは

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

制度の概要

身体の発育が未熟のまま出生し、医師が入院養育を必要と認めた乳児で、指定の医療機関に入院した場合に医療の給付を行っています。

医療給付が決まったらすぐ、下記窓口にて申請を行ってください。後日、養育医療券を郵送します。

持ち物

  • 印鑑(シャチハタ以外)
  • 保険証(写し可)
  • (保護者以外の家族が申請に来る場合)保護者の認印

提出していただく書類

  • 申請書
  • 意見書
  • 同意書

注意事項

  • 養育医療機関の指定があります。
  • 所得に応じ、医療費の自己負担があります。自己負担については市町村の乳幼児福祉医療の適応があります。

受付窓口

飛騨市役所 市民福祉部 市民保健課 健康推進係
〒509-4221 飛騨市古川町若宮2-1-60
電話番号 0577-73-2948
受付時間 午前8時30分~午後5時15分(土日、祝日、年末年始を除く)

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>