ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域包括ケア課 > 飛騨市介護福祉士実務者研修費用助成事業について

飛騨市介護福祉士実務者研修費用助成事業について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

介護事業所に勤める方が受講した介護福祉士実務者研修受講費用について、雇用者である法人がこの受講した職員の方に対して支援した場合に、その法人に対してその支援にかかる経費の一部を市で助成するものです。 職員の資質向上や介護職員未経験者の採用および育成の推進を図ります。

1 補助交付申請可能者

以下の3つの条件を満たす介護事業所を運営する法人

  1. 飛騨市内の介護事業所である。
  2. 飛騨市内事業所に勤務中の職員で介護福祉士等実務者研修受講を修了した方 (平成28.7.7以降に修了している方)がいる。
  3. 同研修受講費用の全額または一部を 研修修了職員に対し支給している、 または研修修了職員に代わり、研修機関へ直接支払っている

2 補助金交付申請可能額

 上記法人が負担した受講費用額のうち50,000円までの額 

3 補助金交付申請可能日

 研修受講職員の研修受講修了日以降

4 補助金交付申請期限

平成28年度予算分は、平成29年3月20日まで。
ただし、予算の範囲内のため、予算が不足する場合は、次年度以降に申請となります。

5 補助金交付申請提出書類

  1. 「補助金交付申請書」[Wordファイル/33KB]
  2. 所要額等調書[Wordファイル/37KB]
  3. 研修修了者が本補助金申請法人(以下「申請法人」という。)の運営する事業所で勤務していることを誓約市、証明する「就労証明書」[Wordファイル/35KB]
  4. 研修修了者が受領した研修機関が発行する「研修修了証」の写し
  5. 申請法人が受講費用の全部または一部を負担したことがわかる書類
    1. 研修受講した雇用職員が自ら受講費用を研修機関へ支払ったことに対し、申請法人が研修受講した雇用職員にその受講費用の全部または一部を支給した場合
      ア 雇用職員が研修機関へ受講費用支払ったときの「領収書」(受講費用の明細がわかるものを添付のこと)
      イ 申請法人がこの職員に対しその全部または一部を支給したことがわかる書類の写し
    2. 申請法人が研修受講した雇用職員に代わりに、研修機関に対しこの職員の受講費用を直接支払った場合受講費用支払いの「領収書」(受講費用の明細がわかるものを添付のこと)

6 申請書類提出先、お問い合わせ先

下記へ郵送またはお持ちください。
 飛騨市 市民福祉部 地域包括ケア課 地域医療係
 〒509-4221飛騨市古川町若宮二丁目1番60号ハートピアふるかわ内
 電話番号:0577-73-6233/ファクス番号:0577-73-3604/E-mail:houkatsukea@city.hida.gifu.jp

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>