ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域包括ケア課 > 介護が必要な健康状態とならないために、どのようなサービスがありますか

介護が必要な健康状態とならないために、どのようなサービスがありますか

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

介護が必要な健康状態とならないために、どのようなサービスがありますか。

Q:介護が必要な健康状態とならないために、どのようなサービスがありますか。
A: 飛騨市では、概ね65歳以上の方を対象に転倒予防や膝・腰痛改善のための体操教室を各地区の公民館等で行っています。また各地区で体操の自主活動などもされています。
 最近足が弱くなった、これ以上弱くならないように運動をしたいといったことがあれば、地域包括支援センターへご相談ください。
問い合わせ先:

飛騨市地域包括支援センター(ハートピア古川内) 電話 0577-73-6233 

飛騨市地域包括支援センター 神岡窓口      電話 0578-82-1456

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>