ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 障がい福祉課 > 『すべての人のGiftを生かす特別支援教育の未来』を開催します!

『すべての人のGiftを生かす特別支援教育の未来』を開催します!

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月20日更新

飛騨市から新しい療育のモデルを日本全国へ発信するためには?

 すべての人が持つ「Gift(特性)」を生かすための特別支援教育のありかた(未来)を考え、それを実現していくことが『障がいのある人もない人も安心して共に暮らせるまちづくり』につながります。飛騨市から新しい療育のモデルを日本全国へ発信するための第一歩として『地域と専門家でつくるまちづくり』をテーマとするシンポジウムを開催します。

 また、当日は第2部として以下をテーマとしたワークショップも開催されます。

地域と専門家でつくるまちづくりチラシ1

地域と専門家でつくるまちづくりチラシ2

チラシ [PDFファイル/1.29MB]

日時

令和2年9月13日(日曜日) 10時00分~16時30分(開場9時30分)

第1部 シンポジウム 「地域と専門家でつくるまちづくり」(10時00分~12時30分)《定員:90名》

第2部 ワークショップ(13時30分~16時00分)

  • 思考のタガの外し方 紙一枚で未来を開く、方眼ノートの魔法 《定員:30名》
  • 自己実現型アプローチ:Co-Op(コアップ) 《定員:20名》
  • みんなでつなぐ 読み書き支援プログラム 《定員:20名》
  • すぐに始められる! 子どもがメキメキ伸びる乳幼児からの予防アプローチ《定員:20名》

 ※シンポジウムおよび閉会式の内容は、当日You Tubeでも配信します。

 ※4つのワークショップの講座をまとめて録画したものを、ワークショップの開始時刻に合わせてYou Tubeで配信します。

場所

  飛騨市古川町公民館(古川町総合会館) 古川町若宮二丁目1番66号

対象

  岐阜県内の方のみ(申込制) 定員:90名

予約

  会場参加の申し込み

申込書をファクス番号または、申し込みフォームによりお申し込みください。

  オンライン受講の申し込み 

申し込みフォーム<外部リンク>によりお申し込みください。

お申し込み

ファクス番号:075-693-6605
E-mail:habiliseevent@gmail.com

問い合わせ

 はびりす事務局(クリエイツかもがわ内)
 電話番号:075-661-5741

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>