ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 障がい福祉課 > 飛騨市障がいのある人もない人も安心して共に暮らせるまちづくり条例について

飛騨市障がいのある人もない人も安心して共に暮らせるまちづくり条例について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月4日更新

 健常者を前提につくられている社会の仕組みの中で、障がいのある人が暮らしていくためには多くの方々の理解と支援が必要です。障がいがあるという状態は誰もがなりうるものであり、すべての方が自らの問題として考えることが重要です。


 市民の皆さんに障がいや障がいのある人に対しての理解を深めていただき、「障がいのある人もない人も安心して共に暮らせるまちづくり」を進めるためにそのルールとなる条例 [PDFファイル/344KB]を制定しました。


 この条例の中身を分かりやすくした「概要版」 [PDFファイル/1.67MB]を作成しましたのでぜひご覧ください。

概要版1ページ目

概要版2ページ目

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>