ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て応援課 > 離婚後の養育費と面会交流について

離婚後の養育費と面会交流について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月7日更新

 子どもにとって、両親の離婚はとても大きなできごとです。

 子どもがこれを乗り越えて健やかに成長していけるよう、離婚をするときにお父さん、お母さんとしてあらかじめ話し合っておくべきことに、「養育費」と「面会交流」があります。

 

子どもの養育に関する合意書について

 「養育費」は子どもの生活を支えるもの、「面会交流」は子どもの健やかな成長を願って行うもので、どちらも子どもにとって必要なものです。民法では、協議離婚の際には、子どもの監護者(親権者)だけでなく、養育費の分担や面会交流についても定めることとされ、その取り決めは「子の利益を最も優先して考慮しなければならない」とされています。離婚をする際には、お子さんのために「養育費」と「面会交流」の取り決めをするように努め、その取り決めを書面に残しておくようにしましょう。

 

 法務省では養育費と面会交流の取り決め方や、その実現方法についてわかりやすく説明したパンフレットを作成しています。

 

「子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A」(法務省)<外部リンク>

 


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>