ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

カミオカラボについて

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月18日更新

カミオカラボとは

“かがくと、ともに。をつくる拠点”

飛騨市神岡町には「ニュートリノ」の研究でノーベル物理学賞をもたらした「スーパーカミオカンデ」をはじめ、宇宙と素粒子の謎を探求するための研究拠点が集まっています。
カミオカラボは、こうした研究の魅力を広く伝え、科学と社会の新しい関係性をつくるための全ての人に開かれた場所です。
普段感じることのできない素粒子の不思議な性質を迫力のある映像やゲームで体感し、思いを馳せることで日々の生活と宇宙スケールの壮大な物語との間のつながりを感じてみてください。

壁に設置された光電子増倍管の画像

スーパーカミオカンデってなに?

スーパーカミオカンデ

東京大学宇宙線研究所が運用する世界最大の地下ニュートリノ観測装置です。ニュートリノそのものの性質を調べるとともに、ニュートリノを使って宇宙の歴史を明らかにしようとしています。

 

ニュートリノってなに?

ニュートリノってなに?「ニュートラル=電気を持たない中性」
「イノ=(イタリア語で)小さい」という意味の名前を持った素粒子のひとつです。
まだ謎の多い不思議な素粒子で、世界中で研究が進められています。

開館時間・入場料

開館時間

9時から17時(入館は16時30分まで)

休館日

水曜日(祝日を除く)・年末年始(12月29日から1月3日まで)

入場料

無料

交通案内

東海北陸自動車道 飛騨清見ICから車で60分
北陸自動車道富山ICから車で50分
長野自動車道松本ICから車で110分

フロアマップ

フロアマップの画像

 リーフレットはこちらからダウンロードできます。

  • 館内は全面禁煙です。
    喫煙は屋外の喫煙所をご利用ください。
  • ペット同伴でのご入館はお断りしています。
    ただし、盲導犬、介助犬、聴導犬は除きます。
  • 撮影は可能です。
    ただし、他のお客様にご配慮ください。
  • カミオカラボ内にお手洗いはございません。
    宙(スカイ)ドーム・神岡内のお手洗いをご利用ください。
  • 展示物の上に乗るなどの行為は危険かつ破損の原因にもなりますのでおやめください。

ガイドツアー(団体でご利用の方)

詳しくは「ひだ宇宙科学館カミオカラボ団体見学予約申込について」をご覧下さい。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Calendarカレンダー

Science communicator blogサイエンスコミュニケーター ブログ

サイエンスコミュニケーターブログを見る