ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ひだプラす > みやがわ親雪まつり実行委員会

ひだプラす<外部リンク>


みやがわ親雪まつり実行委員会

印刷用ページを表示する掲載日:2019年1月15日更新

下はキャンドル、上は花火、これが宮川の冬!

立ち上げのきっかけ

 宮川のスキー場の感謝祭として始まったこの祭りは、スキー場の閉鎖をきっかけに

地元住民と観光客との交流イベントとして生まれ変わり、今年で29回を数える恒例行事となりました。

みやがわ親雪まつり

 天候に左右されるイベントのため、昨年は吹雪の中での開催!

大変なことも多いけれど、参加者や、子どもたちの喜ぶ顔を励みに頑張っていらっしゃいます。

 

最近の活動

昨年は、花火のワンコインオーナーを呼び掛け、参加者には会場を自由に飾り付けてもらいました。

そんな、みんなでイベントを作り上げる仕組みをスタート。

身近に感じ出てもらえる親雪まつりになるよう工夫されています。

みやがわ親雪まつり

 

今後の目標

続ける大変さはあるものの、今後も地域のために、自分たちも楽しんでいける運営を模索していきたいと、

皆さん笑顔で語ってくださいました。

みやがわ親雪まつり


<基本情報>

設立:1990年1月 メンバー数:10名

主な活動地域:宮川町

主な活動:みやがわ親雪まつりの企画運営

2019年は2月16日(土)の開催です。



飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>