ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

事業者の方への支援

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月6日更新

新型コロナの影響を受けている​事業者の方へ 

お勤めの方、パート・アルバイトの方など個人の方への支援は、トップページの「市民の皆さまへ」の支援をご覧ください。

社会保険労務士による無料相談

社会保険労務士による無料相談​会チラシ(飛騨市ビジネスサポートセンター)
事業者が社員を守るための雇用、労務管理等での課題解決、国の補助金等の適切な活用につなげるため、専門家である社会保険労務士による無料相談会を実施します。

「資金繰りが苦しい」事業者の方へ

家賃支援給付金ー​売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金が法人最大600万円、個人事業主最大300万円支給されます。​
持続化給付金​ー新型コロナの影響により、売上が去年の同じ月より50%以上減少した事業所を対象に、法人は最大200万円、個人事業主は最大100万円が支給されます。​
​基本的にオンライン申請となっていますが、パソコンなどが苦手な方のために申請サポート会場による対面申請の体制も準備されています。対面申請には事前に書類を完成している必要があります。申請をご検討されている方は、まず市内商工団体へご相談ください。
古川町商工会  電話:0577-73-2624
神岡商工会議所 電話:0578-82-1130

「雇用維持を何とかしたい」事業者の方へ

飛騨市新型コロナウイルス要因による雇用調整助成金​
休業などを行う際に、雇用を維持するために必要な休業手当、賃金等に公共職業安定所の雇用調整助成金を活用した場合に、事業者負担分相当を市で補助します

離職者を雇用する」方、「雇用できる新事業をお考え」の方へ

みんなで仕事づくり応援パッケージ
■緊急市民雇用奨励金制度​(9月まで延長)
市内事業者等が、週10時間以上かつ1カ月以上の条件で、新型コロナの影響により仕事に困っている市民を緊急的に雇用した場合、人件費相当額(880円)​を、市からの奨励金として雇用主に交付します
■緊急事業創出支援制度(新規事業提案型。7月10日受付終了)​​
新しい分野の仕事づくりを提案し、新型コロナの影響により仕事に困っている市民を緊急的に雇用することで、その提案を実践しようとする市内事業者等に対し、新規雇用者の人件費相当額(880円)に定額10万円を加えた額を、市からの委託業務として提案者に発注します。また、市の重要な政策の推進を後押しする取組等である場合は、インセンティブ分として10~40万円を委託料に上乗せします。​
■事業継続支援制度(代替事業提案型。7月10日受付終了)
​新型コロナの影響により本業に制約を受けている市内事業者が、コロナ終息後の本業の復興につながる短期間の代替業務(メニュー・商品の開発やホームページの開設など)を行おうとする提案にについて、代替業務に従事する方の人件費相当額(880円)に定額10万円を加えた額を、市からの委託業務として提案者に発注します。また、市の重要な政策の推進を後押しする取組等である場合は、インセンティブ分として10~40万円を委託料に上乗せします。

「経営に困っている」事業者の方へ

​【支援】​

  • 新型コロナウイルス対応販売促進事業(安心安全コーディネーター販売促進事業)補助制度
    安心安全コーディネーター監修のもと、適切な感染防止対策がなされている商業者に対し、チラシなどの印刷費・新聞折込料、月刊誌等への宣伝費を全額補助します。※限度額20万円
  • 新型コロナウイルス対応販売促進事業(環境整備事業)補助制度(安心安全コーディネーター環境整備事業8月4日追加)
    自店舗の感染拡大防止のための設備の設置や、必要な衛生設備の購入など、環境の整備の取り組み費用などを全額補助します。※限度額10万円
  • ​​​起業化促進補助制度
    新たな業種への進出(第2起業)に必要な経費の2/3以内を補助します(従来の1/5以内を拡充)※上限額100万円(「商業地域」「近隣商業地域」内150万円)
  • インターネット環境整備補助制度 [PDFファイル/135KB]
    インターネットを活用した商品販売や自社のPRを行う場合、HP作成、リニューアル経費の1/2を補助します。※補助上限額50万円(従来の30万円を拡充) ※下限額5万円撤廃
  • ステイホーム支援サービス緊急推進補助制度(6月30日申請受付終了)
    緊急事態宣言による市民のステイホーム(外出自粛)を支援するため、生活に必要な商品やサービスを配達する市内事業者の配達費用を1日3,000円補助します
  • 店舗リニューアル補助制度
    店舗の魅力アップ、新たな事業への進出や事業転換に対応した改装などに要する費用の1/2以内を補助します(従来の補助率1/3以内を拡充)

【販売促進】​

  • 飛騨市史上最大級「飛騨市がんばれプレミアム商品券&電子地域通貨」販売
    国の特別定額給付金を活用して、その約半分を市内経済循環にご利用いただけるよう、プレミアム率20%、子育て世帯の支援としてお子様はプレミアム率30%を超える支援策を盛り込んだ、電子地域通貨と合わせ飛騨市史上最大級となる総額約12億円の経済効果を見込むプレミアム商品券を発行します。​また、飛騨信用組合と連携し、同組合が発行する電子地域通貨「さるぼぼコイン」を活用した“飛騨市プレミアム電子地域通貨”を実施します。​​
  • “飛騨市あんしんの宿” 応援事業補助制度​
    緊急事態宣言の解除に伴い、適切な感染防止対策を講じた「あんしんの宿」への宿泊費用に3千円を支援します。​
  • プレミアム率20%のプレミアム食事券の発行テークアウトできる市内店舗の紹介
    コロナ感染拡大の影響を緩和するとともに、地域における飲食・宿泊等に対する需要を喚起 ・下支えするため、市民限定の宿泊割引とプレミアム食事券事業を実施します。​
  • “緊急経済対策”住宅リフォーム補助制度(6月5日受付終了)
    現行の「住宅性能向上リフォーム補助金」を見直し、対象工事の追加や補助率を1/2、上限を30万円に大幅拡大した総額1億円規模の”緊急経済対策”住宅リフォーム補助金を、令和2年度限定で実施します。​
  • おうちで飛騨市満喫キャンペーン(5月末受付終了)
    売上が減少している市内事業者の売上向上と飛騨市ファンの拡大を目指して販売促進キャンペーンを開催します。※商品の送料1件あたり最大1,000円補助
  • 飛騨市に来られないご家族ご友人に飛騨から愛を贈ろうキャンペーン(5月末受付終了)
    市民がゴールデンウィークの帰省を自粛した親族などへ特産品詰め合わせを贈るキャンペーンを市と観光協会が連携し開催します。※気持ちを伝えるメッセージカード送付、送料・箱代を全額支援
  • 飛騨牛を食べよう!贈ろう!キャンペーン<外部リンク>
    飛騨牛の流通鈍化による枝肉価格の下落によって苦境にある市内畜産農家、卸売・小売事業者を支援するため、大手通販サイトのモール内広告や専用キャンペーンページを作成し、そこから市のふるさと納税や各事業者通販サイトへ誘導する飛騨市独自の飛騨牛キャンペーンを、6月から7月末まで開催します。​
  • 『なくなった物産展をウェブ上で楽しめ、飛騨市を応援できるキャンペーン』(ふるさと納税)<外部リンク>

万が一感染者が確認された場合の感染拡大防止対策

【支援】

建物消毒作業費補助
市内で感染が発生した際に、市内消毒事業者と連携して素早く消毒対応が行えるよう、該当建物の消毒作業費用に対して個人は2/3、事業者は1/2を支援します

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>